最新ランキングをチェックしよう
ヤマダ低迷、ヨドバシと真逆の低利益率経営...都市部進出や住宅販売進出が失敗

ヤマダ低迷、ヨドバシと真逆の低利益率経営...都市部進出や住宅販売進出が失敗

  • Business Journal
  • 更新日:2018/05/28

家電量販店最大手のヤマダ電機が苦しんでいる。2018年3月期の連結決算は、売上高が0.7%増の1兆5738億円、経常利益が28.3%減の473億円だった。売上高は微増となったものの、ピークの11年3月期と比べて約5800億円も少ない。経常利益は大幅な減少となり、11年3月期の3分の1の水準だ。
 ヤマダ電機は苦戦したが、ほかの大手家電量販店は好調だった。大手各社の17年度の売上高は以下の通りだ。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
価格は10億円!? 唯一現存の「GT40 ロードスター」が2017年に売却 今日は何の日: #8月17日 を振り返る
高齢者の間で「意外な大ヒット商品」が続出している理由
なぜセブンーイレブンはコンビニ業界の王者なのか
ユニクロも鳥貴族も業績悪化。1200円に値上げのQBハウスはどうなる?
いよいよ、この国で「本格的な給料アップ」が始まる予兆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加