J3栃木 FW竹中と契約更新せず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/06

来季J2へ昇格するJ3栃木は6日、7月からJFLのヴァンラーレ八戸へ期限付き移籍しているFW竹中公基(25)との契約満了に伴い、来季の契約を更新しないと発表した。

大阪府出身の竹中は東京・成立学園高から2011年にJ2東京V入りし、13年に当時関東2部の浦安へ完全移籍。昨季はJFLへ昇格した浦安で29試合17得点の好成績を残して今季から栃木に加入した。

だが、5年ぶりのJリーグ復帰となったシーズンも初ゴールはならず。7月に八戸へ期限付き移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ2が2試合0得点、J3が9試合0得点。▲竹中はクラブを通じ、「半年間という短い時間でしたが、ありがとうございました。栃木での経験を活かして次のチームでも頑張ろうと思います。応援してくれたサポーターの皆さま、本当にありがとうございました。J2での栃木SCの多くの勝利を祈っています!」とコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浦和、マウリシオ2発などでアフリカ王者を撃破! クラブW杯5位に輝く
1部昇格&2部優勝を果たした早稲田大からJの舞台へ...3選手が入団会見を行う
「まともに出たのは4年生から」、福島入団の早大FW武颯は怪我を乗り越えプロ入り果たす
【クラブW杯】浦和が5位を確保! 柏木が決勝弾、マウリシオ2発!!
Jリーグが22年秋春制移行案を否決...村井チェアマンは9項目で「移行しない理由」を説明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加