小川直也氏の息子、雄勢が初優勝 講道館杯

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12

<柔道:講道館杯全日本体重別選手権>◇12日◇千葉ポートアリーナ

男子100キロ超級で小川雄勢(21=明大)が初優勝を果たした。

92年バルセロナ五輪銀メダルの小川直也氏(49)を父に持つ小川は決勝で元世界王者の上川大樹(28=京葉ガス)に一本勝ち。95年に直也氏が95キロ超級(当時)を制して以来の親子優勝を果たした。

同100キロ級は国士舘大1年の飯田健太郎(19)、同90キロ級は向翔一郎(21=日大)がともに初優勝した。

女子52キロ級は阿部詩(17=兵庫・夙川学院高)が初優勝、同57キロ級は山本杏(23=パーク24)が5年ぶりに制した。同48キロ級は遠藤宏美(24=ALSOK)、同63キロ級は土井雅子(22=環太平洋大)が優勝した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
木村翔が五十嵐俊幸と初防衛戦 大みそかはトリプル世界戦
たむけん、マラソンも炎上も「もう勘弁」神戸マラソン何とか完走
新日本・内藤がWTLこき下ろし「史上最低のタッグリーグ」
スノボ竹内智香に提示「金なら報奨金3333万円」
前WBC世界王者の山中慎介が再起戦に「ネリしか想定していない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加