世界記録200以上! ギネス界のレジェンドのトンデモプレイ

世界記録200以上! ギネス界のレジェンドのトンデモプレイ

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2018/02/18
No image

写真でファーマンさんがアゴにのせている芝刈り機は、なんと重量7.5kg! これをアゴのみで支え、2分13秒で、71.50mを歩行することに成功した

エンジン式の芝刈り機(7.5kg)をアゴの上にのせ、71.50mを歩行する。こんなトンデモプレイでギネス世界新記録を達成したのがアメリカ人のアシュリタ・ファーマンさん(63歳)。

実は彼、なんと200以上の記録を保持するギネス界の超レジェンドなのだ。初めてギネス記録を樹立したのは、1979年。ジャンピングジャック(腕を上げ下げしながらの跳躍運動)を連続して2万7000回も行ない、見事世界記録を更新。

その後も、前転で12.330km移動、水中サイクリングで1.8マイル(約2.9km)走行、全長約25mの巨大すぎるバースデーケーキに、7万2585本のロウソクを立てるなど、なんとも微妙な(?)偉業を達成しまくり。

そんなファーマンさんがこだわっているのが【アゴに○○をのせてみた】シリーズ。近年では【アゴにパイントグラスを81個のせる】【アゴに自転車を2分1.45秒のせる】で新記録を達成。アゴ自慢の方々は、ぜひファーマンさんにチャレンジを。

(写真/ロイター/アフロ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ローマンが松本にKO決着を予言 「インファイトで勝負したい」
選手よりも注目?美しすぎる五輪解説者・岩垂かれん
谷村奈南の結婚披露宴 新郎・井岡一翔の両親が「欠席」の衝撃
グレート小鹿ら214歳トリオが平成維新軍に勝利
ローマン「接近戦大事」井上尚弥との対戦にもやる気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加