新人歌手・島茂子が「徹子の部屋」に初登場! 好きなタイプは「城島茂より長瀬智也」

新人歌手・島茂子が「徹子の部屋」に初登場! 好きなタイプは「城島茂より長瀬智也」

  • TVガイド
  • 更新日:2018/06/06
No image

テレビ朝日系で放送中の「徹子の部屋」(月~金曜午後0:00)の6月6日放送回に、デビューしたばかりの話題の遅咲き新人歌手・島茂子が初出演する。また、茂子の友人であるTOKIO・城島茂も出演し、茂子の初のトーク番組出演を盛り上げる。茂子は、2017年8月にリリースされたTOKIOのシングル「クモ」のカップリング曲「女の坂道」を歌う女性歌手として突然登場。18年5月に「戯言」でデビューを果たし、同系のTOKIO・松岡昌宏主演ドラマ「家政夫のミタゾノ」(金曜午後11:15)の主題歌に起用された。

本番収録直前、先にスタジオの中でやや緊張気味にスタンバイしていた茂子の前に現れた黒柳徹子は、「あっ、茂子だ~!」と満面の笑顔。その様子に茂子も、うれしそうに「おはようございます、よろしくお願いします!」とあいさつし、現場は和やかで温かな空気に包まれた。しかし、本番では徹子から、「TOKIOの城島さんにちょっと似ていると言われるんじゃない?」と質問され、「けっこう言われますね」と笑顔で返す茂子。さらに黒柳から、「(城島は)タイプ?」と聞かれ、「だったら長瀬智也さんの方が(笑)」とキッパリと答えていた。

練馬駅の近くで購入したという衣装や、黒柳が「すごく奇麗」と絶賛した爪、茂子の結婚観などについてもトーク。女優用の照明を当ててもらい、始終ご機嫌で順調に会話は進んでいたが、現在47歳の茂子の人生に興味を示した黒柳が、「年齢も血液型なども全部、城島さんと同じらしいですね」「城島さんにお会いになったことは?」「城島さんの魅力は?」といった質問を矢継ぎ早にぶつけ、茂子は「これは…ものすごくやりづらい回ですね」と思わず苦笑いする。

憧れの歌手である美空ひばりの「川の流れのように」を黒柳からリクエストされ、茂子は一瞬驚いた表情をするものの、美声を披露する。「いや~何が飛び出すか分からないんですね」と、動揺を隠しきれない茂子。続いて黒柳が「近藤真彦の『愚か者』を歌って」と、再度のむちゃ振りをし、「冷や汗、かいてますけども」とオロオロする茂子にはおかまいなしに、きわどい質問をしていく。そして、茂子の「戯言」を黒柳の前で熱唱する場面も。

黒柳から「城島さんを呼んできて」と言われた茂子は、「城島さ~ん!」と言いながら退室。次の瞬間には、パリッとした黒ジャケット姿の城島が登場する。「『トークがうまくいかなかった』と反省していました(笑)」と交代した茂子の様子を語り、15歳でジャニーズ事務所に入った際の写真を公開。また、茂子にもつながるという自身の母親との最近のやりとり、デビュー前の会食の席で黒柳と一緒になった際に起こった騒動についても告白。「知らなかった~!」と、黒柳が驚いたそのエピソードとは!? 真相は番組で明らかになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キムタク新ドラマ「星降るレストラン」の役柄に世間は「もう飽きた」の声
二宮和也の意識を変え、嵐を“大化け”に導いた芸能界の大物とは
ブラックペアンが最終回でも「ありえない設定」で騒然
月9共演の織田裕二と鈴木保奈美、27年後の「大人の事情」が生々しい
『ぐるナイ』の橋本環奈に不満の声続出!?「金額関係なく“クビ”にするべき」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加