最新ランキングをチェックしよう
負担軽減で、IOCが認めている開催国以外での実施

負担軽減で、IOCが認めている開催国以外での実施

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

改革案の「アジェンダ2020」には、急浮上したボート・カヌーの韓国開催案を可能にする文言が含まれていて、オリンピック開催国以外での競技実施を「例外的」としながらも認めています。その大きな理由は、開催都市の費用負担の軽減です。実際に、2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピックでは開催費捻出が危ぶまれ、一部競技を長野県で実施する案が浮上したこともあります。アジェンダ2020は、オリンピック全体

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「清宮ジュニア」から「清宮幸太郎」へ 自らのバットで価値高めた清宮の3年間
中日の低迷は「友利コーチが原因」 「強制送還」乱発にファン激怒
【西武】ライオンズのおしゃべり王はアレックス・カブレラだった
巨人の“超攻撃型オーダー” 投手目線での評価は?
【熊本】秀岳館・鍛冶舎監督 甲子園切符に病室で「泣いています!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加