負担軽減で、IOCが認めている開催国以外での実施

負担軽減で、IOCが認めている開催国以外での実施

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19
No image

改革案の「アジェンダ2020」には、急浮上したボート・カヌーの韓国開催案を可能にする文言が含まれていて、オリンピック開催国以外での競技実施を「例外的」としながらも認めています。その大きな理由は、開催都市の費用負担の軽減です。実際に、2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピックでは開催費捻出が危ぶまれ、一部競技を長野県で実施する案が浮上したこともあります。アジェンダ2020は、オリンピック全体の透明性を担保するため、各界から意見を集約した改革案で、バッハ会長就任後の2014年にIOC(国際オリンピック委員会)総会の満場一致で採択されました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍ジャパンU-12代表の韓国戦でスタンドから熱い声援 「真似していきたい」
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
巨人・菅野選手が一日警察署長に 相模原市
2017年オフを盛り上げる!?来季FA権取得が予想される選手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加