最新ランキングをチェックしよう
負担軽減で、IOCが認めている開催国以外での実施

負担軽減で、IOCが認めている開催国以外での実施

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

改革案の「アジェンダ2020」には、急浮上したボート・カヌーの韓国開催案を可能にする文言が含まれていて、オリンピック開催国以外での競技実施を「例外的」としながらも認めています。その大きな理由は、開催都市の費用負担の軽減です。実際に、2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピックでは開催費捻出が危ぶまれ、一部競技を長野県で実施する案が浮上したこともあります。アジェンダ2020は、オリンピック全体

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望......。根深い男女差別
カルディの失敗。なぜ「KALDI」印の商品は買う気を無くすのか?
大阪の震度6弱地震、犠牲者も...、台湾ネットから「すぐに支援を!」の声
BISレポート、仮想通貨が交換手段となり得ない【フィスコ・ビットコインニュース】
養鶏業者がゴミ処理場に腐っていたはずの大量の卵を捨てたところ、ほとんどが孵化してしまうハプニング(ジョージア)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加