最新ランキングをチェックしよう
負担軽減で、IOCが認めている開催国以外での実施

負担軽減で、IOCが認めている開催国以外での実施

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

改革案の「アジェンダ2020」には、急浮上したボート・カヌーの韓国開催案を可能にする文言が含まれていて、オリンピック開催国以外での競技実施を「例外的」としながらも認めています。その大きな理由は、開催都市の費用負担の軽減です。実際に、2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピックでは開催費捻出が危ぶまれ、一部競技を長野県で実施する案が浮上したこともあります。アジェンダ2020は、オリンピック全体

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍JAPAN戦士、メジャースカウトの「意外な査定」
侍菊池は必ず強くなる...胸に焼き付けたUSAコール
侍J松田「確実にアウトだった」“魔の8回”に痛恨捕球ミス
侍・小久保監督退任「俺の責任」 守備で不覚...準決勝で散る
中居正広がWBCの現場で“暗黙のルール”を破り記者たちから大ブーイング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加