最新ランキングをチェックしよう
負担軽減で、IOCが認めている開催国以外での実施

負担軽減で、IOCが認めている開催国以外での実施

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

改革案の「アジェンダ2020」には、急浮上したボート・カヌーの韓国開催案を可能にする文言が含まれていて、オリンピック開催国以外での競技実施を「例外的」としながらも認めています。その大きな理由は、開催都市の費用負担の軽減です。実際に、2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピックでは開催費捻出が危ぶまれ、一部競技を長野県で実施する案が浮上したこともあります。アジェンダ2020は、オリンピック全体

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】大谷翔平は「日本の漫画の実写版」 LA紙特集で「MAJOR」の茂野吾郎と比較!?
日本ハム清宮が2試合ぶり先発出場 斎藤佑樹も先発 ファーム楽天戦
日本ハム栗山監督 球団初8点差逆転負けの屈辱「俺の責任」
68年前の記録を打ち破れるか...ヤクルト・山田哲人にかかる期待
【世界の声】“公務員ランナー”の意外性に称賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加