CG加工なし:どうやって撮ったの!? 「ゴリラ2頭とのセルフィー」に成功した男性が話題に

CG加工なし:どうやって撮ったの!? 「ゴリラ2頭とのセルフィー」に成功した男性が話題に

  • Pouch
  • 更新日:2019/05/16

セルフィーしている男性の後ろにご注目ください。姿勢よく2本足で立ち、タイミングを見計らったかのようにカメラ目線をキメるメスのゴリラ2頭! 人間にしか見えないその立ち姿に驚かされます。

CG加工一切なし、本物のゴリラたちとのセルフィーに映っているのは、マシュー・シャマブ(Mathieu Shamavu)さん。コンゴ共和国にあるヴィルンガ国立公園でマウンテンゴリラを密猟者から守るレンジャーです。

【ゴリラたちとは赤ちゃんの頃からの付き合い】

ヴィルンガ国立公園は、1925年に創設されたコンゴ民主共和国最古の国立公園。数多くいる動物たちの中でも特に多いのがマウンテンゴリラで、ここで働くレンジャーたちは、親を殺されたゴリラの赤ちゃんたちの世話も担っているそうです。

【「親」のマネをしているみたい?】

海外サイト「BBC News」によると、今回のセルフィーを撮影したシャマブさんは、2頭のゴリラたちがそれぞれ生後2ヶ月と生後4か月だったときから、12年間世話をしているのだそう。

そのためゴリラたちは、シャマブさんのことを “自分たちの親” だと認識しているんですって。

動物の子どもはたいてい、親の行動を真似て生き方を学んでいきますが、このゴリラたちも両足で立つことで「人間らしさを学んでいる」ということのようです。

とはいえ、やはりこんな風にゴリラが直立するのはめずらしいそうですよ!

【野生のゴリラには近づいちゃダメです!】

ちなみに……セルフィーが投稿されたインスタグラムによれば、今回のセルフィーは例外中の例外で、本来は野生のゴリラに近づくことは許されないとのこと。

今回のセルフィーは、ゴリラたちと長きに渡って信頼関係を築いてきたシャマブさんだからこそ、成し得たことといえましょう。

レンジャーの仕事には危険がつきものですが、これからもゴリラたちと仲良く幸せに暮らしてほしいですね!

参照元:Instagram @virunganationalparkBBC News
執筆=田端あんじ (c)Pouch

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
監督不行き届きです...教育係わんこの責任感が強すぎる
「愛犬が雪の中で何か見つけたようだ...」すごい執着心(動画)
道に捨てられていた「パンダのぬいぐるみ」を拾った女性 / 体を洗い、洋服を着せて、ドライブなどを楽しむ様子をSNSで公開し大人気に!
大きなヘビと少女という組み合わせが、どちらも可愛くて幸せ感たっぷり
この犬...お昼寝のしかたがマイペースすぎる(動画)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加