パナソニック、テスラと太陽電池分野で協業へ

パナソニック、テスラと太陽電池分野で協業へ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18

パナソニックは10月18日、太陽電池分野で米テスラモーターズ(テスラ)との協業に向けた検討を開始すると発表した。

具体的には、北米市場向けに、テスラ傘下で米ニューヨーク州にあるバッファロー工場における太陽電池セル、モジュールの生産協業に関する検討を進める。生産は2017年より開始する計画でテスラは長期の購入契約を結ぶ意向を示している。

パナソニックは今回の協業検討について「当社が太陽電池分野で持つ技術・製造力の強みと、テスラ社の強い販売力との相乗効果など、両社が持つ強みを生かした協業を検討していく予定です」とコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
業種・職種別「平均年収&生涯賃金」ランキング、各1位は?
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
  • このエントリーをはてなブックマークに追加