マニュライフ生命保険、「こだわり個人年金(外貨建)」を青森銀行などで発売

マニュライフ生命保険、「こだわり個人年金(外貨建)」を青森銀行などで発売

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/10/09
No image

マニュライフ生命保険はこのほど、無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型)ペットネーム『こだわり個人年金(外貨建)』を、新たに2つの金融機関を通じて発売することを明らかにした。

同商品は2015年7月、公的年金や退職年金、退職一時金に加え、自身で将来に備えたいと考える顧客の資産形成ニーズに応えるために開発した平準払の外貨建年金保険。

毎月一定金額の円を払い込み、契約通貨(米ドル/豪ドル)に換算して積立金として運用する。円と比べ高い金利水準で推移している外貨で運用するため、比較的高い利回りが期待できるという。

加入後も積立利率は毎月見直され、市場金利の変動に弾力的に対応する。米ドル/豪ドルともに、最低保証積立利率(年1.5%)を下回ることはないとのこと。ライフステージや家計の状況に変化があっても、保険料円払込額の減額、払込の停止および再開が可能であるため、無理なく続けられるという。

加入は告知なしででき、個人年金保険料控除も適用される。日常の病気やケガに関する相談などができるサービス「こころとからだの健康サポートメディカルリリーフ(プラス)」も利用できる。

同商品はこれまで数々の提携先で発売してきたが今回、新たに青森銀行と南都銀行が加わった。これにより、39の提携先で同商品を購入することが可能になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大ピンチ! 巨象・パナソニックを追い詰める「中国企業」の正体
仮想通貨で誕生した「億り人」とは? 億万長者が生まれる仕組み
3店閉鎖の三越伊勢丹、大丸松坂屋と明暗を分けた「脱・百貨店」
IMFが公表した日本の財政「衝撃レポート」の中身を分析する
作業服の「ワークマン」が始めた新業態に若い女性も殺到する理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加