松岡昌宏、“恋愛マスター”国分太一に恋の相談をしていた!

松岡昌宏、“恋愛マスター”国分太一に恋の相談をしていた!

  • アサジョ
  • 更新日:2017/11/12
No image

アラフォージャニーズのなかでも、群を抜いた気風のよさで有名なTOKIO・松岡昌宏。女と後輩に財布を開けさせないというスタイルは、松方弘樹、東山紀之から学んだ男の流儀だという。「そんな“松兄ぃ”も、中学生のころはウブだったんですよ」と教えてくれるのは、ベテラン芸能記者だ。

「15歳の中学生のころ、片思いをしていた女子に“宝石”を贈っているんです。といっても指輪ではなく、オルゴール付きの宝石箱。そのときにできた精いっぱいのプレゼントで、相手は初恋の子。彼はすでにジャニーズJr.の一員でした」

そのとき松岡は、驚くべき行動に出ている。のちにTOKIOとして運命を共にすることとなる2歳年上の国分太一に、恋愛相談に乗ってもらったのだ。中高生にとっては、1学年上でも大人に見えるもの。松岡いわく、国分が「恋愛マスター」に思えて、本音で話したという。

「そのとき国分は、『松岡が思うように、自然に“前から気になってた”って言えよ』とアドバイスしたのだが、意を決して告白すると、ものの見事にフラれた(笑)。恋愛マスターの助言は、役に立たなかったのです。でも、この失恋が松岡の負けん気に火をつけたようで、“絶対に売れてやる!”と心に誓ったとか」(前出・ベテラン芸能記者)

いまや独身組(長瀬智也、城島茂、松岡)、既婚者(国分)、バツイチ(山口達也)がいるTOKIOだが、それぞれに淡い時代があったのだ。

(北村ともこ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
脱げる女優・佐々木心音×AV女優・紗倉まな「女の子たちが、絶対通る道」を語る──
安室奈美恵“子離れ”できず「お前うぜえよ」
安室奈美恵がテレビに出演しなくなった理由を告白 「納得できた」と共感の声
ビートたけしの“子ども”がラブドールを相手にガチSEXしていた
“ホームレス中学生”麒麟・田村裕の現在の給料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加