【俺達のONE TEAM】帝京大学ラグビー部を支える「お母さん」のようなマネージャーのお話

【俺達のONE TEAM】帝京大学ラグビー部を支える「お母さん」のようなマネージャーのお話

  • J SPORTS
  • 更新日:2019/11/14
No image

写真:笑顔でがんばる中島マネージャー

11月4日から関東大学対抗戦の後期シーズンが再開された。大学選手権優勝を目標に掲げる帝京大学ラグビー部にとって、勝負の秋が始まった。

そのラグビー部を陰から支えているのはマネージャーの中島杏侑莉(4年=国本女子)だ。ある時はマネージャーとして、ある時は母親目線で選手を見守る中島に取材をさせてもらった。

いきなり中島にこんな質問をしてみた。好きなスポーツはなんですか?

「ラグビーが大好きです!」

兄がやっていた姿を見てラグビーに恋をした。

中島が帝京大学ラグビーに興味を持ったのは高校3年の時。姉の千絵莉さんから岩出雅之監督の著書、「負けない作法」(集英社)を紹介された。

この本を読んで感銘を受けた中島はラグビー部に興味を持ち、自身の成長にもつながると考え帝京大に進路を決め、ラグビー部に入部した。

マネージャーの仕事は多岐に渡る。グラウンド内では選手にボトルを渡すことなど。グラウンド外では備品の管理や選手の昼食管理などが主な仕事だ。中島はこの仕事ひとつひとつの背景を考えながら仕事をしている。

「マネージャーの仕事は全部与えられていることがほとんど。だからこそやらされているのではなく、何のためにこの仕事をしているのかを理解し考えながらやることが最も大事」。

マネージャーは練習が終わったあとでも仕事が多く、忙しい日々を送るが、中島がここまでマネージャーを続けてこられたのは「自分の成長のため」、そして「中島しか知らない選手の表情」があったからだ。

「自分の達成度が数値として結果には表れないが、いろんな頑張っている姿をみられることがマネージャーをやっているなかで一番いいなと思っている」。

「ファンの方は練習中やウエイトの時の表情を見ることはできない。さらにA(チーム)の試合だけじゃなくてB、C、Dの選手の頑張っている顔もマネージャーだから見られる」。

さらに「(選手の)チームが上がったりするすると『よかったね!』や『がんばったね!』など声をかける」という。その姿はまさに選手のお母さんのようだ。

モットーは「笑顔でいること」。

「自分が笑顔でいることによってまわりのみんなも笑顔になれるかもしれない。だから自分は常に笑顔でいようと心掛けている。他人の笑顔をみると自分も笑顔になる。だからどんなときでも、ずっと笑顔でいようと心掛けている」。

4年生の中島は最後にこう言った。「帝京の魅力を伝えたい」。

例えば試合の日、マネージャーは会場の外にあるブースでグッズ販売を行う。さらにチームのSNS更新や写真撮影などの広報活動なども行っている。

「自分にできることはほんの少ししかないけれど、全力でやりたい。少しでも魅力が伝わればいいなと思っています」。

ラグビー部の最終目標である大学選手権優勝まで中島は選手たちと一緒に最後まで走り切るつもりだ。

文/写真:太田和樹(帝京スポーツ新聞部)

◆関東大学対抗戦 帝京大学日程
・11月24日(日)午後02:00 明治大学 vs. 帝京大学 秩父宮

・11月30日(土)午前11:30 帝京大学 vs. 慶應義塾大学 秩父宮

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ASUSが"イケてる"感に極振りしたモダンPC、新型「VivoBook S15」を発表
蛭子能収、太川陽介との『旅バラ』終了の背景に“過酷ロケ”
星野源「未来」、橋本環奈と浜辺美波出演ドコモ新CMソングに
ジャニーズJr.の度重なる風紀の乱れに滝沢秀明が激怒!次なる “干されリスト”
Hey! Say! JUMPが、“発色の魔法”で女性の唇を輝き続けさせる!「12時こえろ、発色の魔法」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加