“少女生き埋め”に無期懲役「残虐というほかない」

“少女生き埋め”に無期懲役「残虐というほかない」

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/11/30
No image

少女を生き埋めにして殺害した罪などに問われた男に無期懲役の判決です。

中野翔太被告(21)は去年4月、千葉市の路上で、少女(18)を車で監禁して乱暴したうえ、千葉県芝山町の畑に生き埋めにして殺害した罪などに問われています。30日の判決で、千葉地裁は「助けを求める被害者の声を無視して土の中に生き埋めにして殺害しており、その犯行は残虐なものというほかない」「被害者の受けた恐怖や苦しみ、その無念さは計り知れない」などと厳しく指摘し、無期懲役を言い渡しました。遺族は「到底、納得のできない結果となり、ただただ、無念でしかありません」とコメントしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
タクシーが病院に...亡くなった男性の仮通夜
愛子さま15歳 動物病院から譲り受けた子猫のセブンを初公開!
関東の空で飛行機雲ラッシュ!
地下鉄の階段に車=50代男性「駐車場と勘違い」-東京
埼玉・嵐山町で衝突事故 衝撃で電柱「くの字」に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加