【MLB】セールが金字塔 史上最速で2000奪三振、ペドロ・マルティネスの記録を大幅更新

【MLB】セールが金字塔 史上最速で2000奪三振、ペドロ・マルティネスの記録を大幅更新

  • フルカウント
  • 更新日:2019/08/14
No image

レッドソックスのクリス・セール【写真:Getty Images】

通算1626投球回での達成は、マルティネス氏の記録を145イニング超上回る

■インディアンス – レッドソックス(日本時間14日・クリーブランド)

レッドソックスのクリス・セール投手が、メジャー最速となる金字塔を打ち立てた。

13日(日本時間14日)に行われた敵地インディアンス戦で今季25試合目の先発マウンドに上がった左腕。初回、いきなり3者連続奪三振と圧巻の立ち上がりを見せると、4回から5回1死にかけて4連続奪三振。6回、7回に2点ずつを失って5失点を喫したものの、12個の三振を奪った。

この試合までにキャリア通算1995個の三振を奪っていたセール。3回2死でオスカー・メルカドからこの日5つ目の三振を奪って通算2000奪三振を達成した。MLBスタッツの公式ツイッターによれば、セールは通算1626投球回での2000奪三振到達となり、これはメジャー史上最速。これまではペドロ・マルティネス氏の持っていた1771.1投球回が最速だったが、これを145イニング上回る驚異的なスピード達成となった。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】ベリンジャーが“ド迫力守備” カメラワークに称賛の声「良い映像だ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加