田中千絵、日本とアジアの懸け橋に 台湾映画で08年にブレーク

田中千絵、日本とアジアの懸け橋に 台湾映画で08年にブレーク

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/13
No image

スペシャルトークイベントを行った田中千絵=都内

女優の田中千絵(36)が12日、都内で台湾映画「52HZのラヴソング」(公開中)の大ヒット記念のトークイベントを行った。

田中はウェイ・ダーション監督(48)が指揮を執った台湾映画「海角七号 君想う、国境の南」(2008年)のヒロイン役でブレーク。以来、広く中華圏で活躍してきた。同作はウェイ監督の新作で田中はレストランのチーフ役で特別出演している。

田中は12年間台湾を本拠としており、日本での舞台あいさつは09年以来。「久しぶりに、日本の皆さんとお会いできました。アジアの映画に頑張って出演して、日本とアジアの交流に役立てるよう頑張っていきます」と誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田翼、波瑠...裏話暴露で炎上した女優4人! 「一体何様?」「度を過ぎた暴露で品がない」
小室哲哉「疲れ果ててしまった」 妻・KEIKOは「女性というより女の子に」
「私のほうがもっと岡村さんのこと大好きっ!!」 酒井若菜、岡村隆史めぐりファンと張り合う
ももクロ有安杏果はハブられぼっちだった!? 異例中の異例の脱退「マスコミに媚を売り...」
KEIKOの現状を明かす小室哲哉に木村太郎「許せない」 安藤優子は「大人になれない男の子みたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加