白鵬が名古屋場所から続く左膝痛で夏巡業離脱

白鵬が名古屋場所から続く左膝痛で夏巡業離脱

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

横綱土俵入りを行った白鵬

大相撲の横綱白鵬(32)=宮城野=が12日、左膝痛のため13日から夏巡業を離脱することが決まった。この日、仙台市で行われた巡業では稽古に参加せず、横綱土俵入りのみ姿を見せた。11年から6年連続で務めた東日本大震災の復興を祈願する横綱土俵入りが14日、岩手県釜石市で行われるが、初めて欠席する。

名古屋場所前から同カ所に不安。痛みを抱えながら史上最多の通算1048勝を達成し、39回目の優勝を果たした。巡業は当初、1人横綱だったこともあり、責任感で参加。バス移動などで負担もかかり限界に達した。

「ゆっくり安静に。そういう現状でしょう」と話し、13日に帰京し治療に専念する。復興土俵入りは稀勢の里、日馬富士が務める。「2人の横綱に後は託したい」と無念そうに話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大鵬の孫、10月に大嶽部屋入りへ 11月の九州場所デビュー予定
大露羅やせてるはずが歴代最重量、小錦超えちゃった
大鵬孫の納谷幸之介が大嶽部屋入門へ 九州で初土俵
鶴竜、負傷右足は甲も骨折してた 秋場所前向きも...
大鵬の孫・納谷、早くも“横綱相撲” 初陣へ向け「平常心ですね」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加