「安物は危険」──普及進むワイヤレス充電・USB-Cに警鐘、ベルキンが品質重視をアピール

「安物は危険」──普及進むワイヤレス充電・USB-Cに警鐘、ベルキンが品質重視をアピール

  • Engadget
  • 更新日:2017/10/13
No image

ベルキン(Belkin)は10月12日に事業戦略説明会を開催。iPhone 8 / Xをきっかけに普及が予測されるワイヤレス充電、そしてUSB-Cについて、品質の重要性を訴えました。

ベルキンは1983年に設立。米国に拠点を置くスマホ・PCの周辺機器メーカーです。iPhone 8 / X向けのワイヤレス充電器やiPhoneケース、USB-Cアダプター、画面保護フィルムなど、主にアップル製品向けを中心とした周辺機器を開発しています。

今後の製品ラインナップは、iPhone 8 / Xの登場で普及が予測されるワイヤレス充電器、およびUSB-Cに注力するとのこと。そのうえで、それら製品を選ぶうえでは品質を最重要視すべきだとベルキン石井氏は語ります。

「(ワイヤレス充電器について)社内で他社の製品を複数テストしてみましたが、安いものだと例えば充電器が溶けたり、何かが過熱することで怪我をしたりすることもありえます」(石井氏)

また、急速に普及しているUSB-Cにも言及。「USB-CのPower Delivery(PD)は100Wまで給電でき、これほどの高電力を送ることはある意味危険が伴います」とコメント。そのうえで「我々のすべての製品はUSBインプリメンターズ・フォーラム(USB-IF)の認証を取得しています」とアピールします。

さらに、カーチャージャーに関しても「(安い製品とは)コンポーネントの数が違います。外に電気的なノイズを出さないようにとか、ヒートアップに対する対策も異なります」と品質に自信を示します。

No image

▲左からベルキンジャパン・ナショナルセールスマネージャーの石井靖人氏、ベルキンインターナショナル ・CEOのチェット・ピプキン氏、同ゼネラルマネージャー兼副社長のスティーブン・マロニー氏、同アジア太平洋地区代表のデイウォン・キム氏。

このほかベルキンは、日本で発売している各種アクセサリーを出展。iPhone 8 / X向けのワイヤレス充電器や、iPhone 7以降で充電しながら有線イヤホンが使えるアダプター、MacBook Proにさまざまな周辺機器を接続できるUSB-Cドッキングステーションなどが紹介されました。

No image

▲ベルキンのiPhone 8 / X用ワイヤレス充電器はアップルストアでも販売中

No image

▲iPhone 7以降でも充電しながら有線イヤホンが使える「Belkin Lightning Audio + Charge Rockstar」

No image

▲MacBook Proにさまざまな周辺機器を接続できる「Thunderbolt 3 Express Dock HD」

今後の製品展開については「年末以降にワイヤレス充電器のラインナップを拡充する」(石井氏)とのこと。なお、アップルのAirPowerのように、複数製品を同時にワイヤレス充電できる機器を計画しているか記者に問われると「具体的な計画は答えられない」と言葉を濁しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
au iPhone X価格発表
iPhone Xの新顔文字機能「Animoji」、日本の会社から商標で訴えられる
Apple StoreのスタッフはiPhone Xを薦めない?
使ってわかった新型『Apple Watch』の○と×
リリース間近?現時点で予定されている「iOS 11.1の新機能」まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加