スバル、日本カーオブザイヤー選考を辞退...完成検査問題で

スバル、日本カーオブザイヤー選考を辞退...完成検査問題で

  • レスポンス
  • 更新日:2018/11/09
No image

新型フォレスターが10ベストに選出されていたスバルが日本カーオブザイヤーを辞退

もっと画像を見る
「今年のクルマ」を決める日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車上位10台=10ベストが5日に発表されたばかりだが、新型『フォレスター』が選出されたスバルが、辞退することが明らかになった。

5日にスバルが発表した「当社群馬製作所における完成検査に関わる不適切事案」のためと説明している。完成検査問題でスバルが日本カー・オブ・ザ・イヤー選出を辞退するのは、2年連続となる。

本来、最終ノミネートの10ベストの中から、モータージャーナリストをはじめとした60人の選考委員による審査・投票により、年間を通じて最も優秀な車=「カー・オブ・ザ・イヤー」を選出するが、今年は9台の中から選出されることになる。

完成検査に関する問題では、スズキもノミネート段階で辞退していた。また、昨年度はスバルのほか、日産自動車も同問題で辞退していた。

「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会と発表・表彰式は12月7日に行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イニエスタがバルサの現状とJリーグを語る
冷遇されるイスコが退団か 原因は体重オーバー!?
東京五輪の体操器具、中国製は不採用に=中国ネットでは「本音」も
選手にキックで引退の元レフェリーが逸話告白 「イラつかせる」イブラにボール手渡し拒否
「すべて嘘」「レオを愛している」 メッシへの“トイレ20回発言”をマラドーナ全否定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加