オーナーが勝手にベンチ入り!? 下地奨が語るタイサッカーの”常識”(3)

オーナーが勝手にベンチ入り!? 下地奨が語るタイサッカーの”常識”(3)

  • ハーバー・ビジネス・オンライン
  • 更新日:2017/11/14
No image

チームメイトと下地奨(右)

数年前、ラグビーでエディ・ジャパンが大金星をあげたころ、ブームに乗った筆者は神宮で行われたラグビーの試合を見に行ったことがある。一番衝撃だったのは、試合開始一分後に流血沙汰になったことだった。

流血そのものは、サッカーでもよくある話だ。ヘディングで競り合ったときに間違って鼻に入り鼻血が出るなどは珍しくもない。ただ、サッカーの場合は選手が流血したら必ず一度ピッチ外に出す。そして止血処置を行ってから試合に戻す。それが普通だと思い込んでいた。

ところが、ラグビーの場合は流血沙汰になってもそのまま試合続行となる。選手がピッチを出る気配も全くない。周囲も誰も気にしていない。サッカーを見慣れている身からするとあまりにも異様な光景だった。

下地奨(ウドーンタニFC所属)にこの話をすると、以前所属したクラブのオーナーの話をしてくれた。

「その人、ラグビーにも関わっている人なんですけどね、いつも言ってましたよ。『サッカー選手が毎回痛がっているのを見るとムカつく』って。今の話を聞くと、確かにわからないでもないですね」

下地に「今までで一番良かった監督は?」と聞くと、現在ムアントン・ユナイテッド監督を務めるタワン・スリパンの名前を挙げた。

「まあ、一番の理由は試合で使ってくれたからということですけど。あとはプロ入りした時の尹晶煥さんですかね。一日三部練習でさんざん絞られましたけど、あれがあったからその後どんな練習があっても辛くないというか」

タワン・スリパンは試合後の記者会見で何度か目にしたことがある。現役時代にはタイ代表にも加わった選手だった。小柄だが精悍な顔つきで、昨年度青山直晃が所属するムアントン・ユナイテッドを優勝に導いた。会見の際に筆者が英語で質問を投げかけると、彼は通訳のほうを振り向くことなく間髪入れずにタイ語で返答してきた。つまり、ある程度というか、かなり英語もわかっているという証拠である。

タイのサッカークラブのオーナーは、ほぼ全員がよくいえば強烈なリーダーシップを発揮し、悪く言えば傍若無人の限りを尽くしている。筆者が直接知るだけでも、「ハーフタイムの間に勝手にロッカールームに入ってきて一席ぶつ」人がいる。

「お前ら、今のところ1-0で勝ってよくやっとる。しかしワシはまだ我慢できん。あのにっくきXXXを4-0でぶちのめしたら、ボーナス2500ドルを積んでやる」

後半は守備的にいきたい監督としてはたまったものではあるまい。

これくらいで驚くのはまだ早い。もっとすごい例で言うと、「最初からベンチに入っている」オーナーまでいる。

筆者自身、このベンチにいるオーナーを直に目撃した。下地によると「オレは監督をやりたいが、指導者ライセンスがないから持っているヤツをカネで買っている」と公言しているという。実をいうと、筆者はこのオーナーの下で監督を務めた、ある人物からの証言も得ている。本人たっての希望で匿名とする。

「サイドラインから指示を出していたら、全く身に覚えのない選手交代がおきたんだ。何事かと後ろを振り返るとオーナーが交代表を出してた」

この監督のことは下地もよく知っていた。

「あの監督、縁あって会う機会があったのですが、めちゃくちゃいい人でしたね。でも、そのチームで得点が入ったり取られたりすると、毎回後ろを振り向いてオーナーの動向を気にしていましたよ。あんまり、そういう監督の姿は見たくなかったな」

筆者は下地に「オーナーがベンチに入るというのは、FIFAのルールで認められているのか?」と聞いた。下地はこう答えた。

「その辺は正直なところ僕もよく知りませんけど、タイのオーナーにそんなの関係ないですよ。たとえダメだとしてもそれがまかり通るのがタイという国ですから」

◆上部リーグと、下部リーグの選手のメンタルは明らかに違う

タイリーグが結構稼げるらしい、というのはカレン・ロバートがタイに渡ったころから日本でも知られるようになった。ただ、誰でも成功できるというほど甘いものでもない。タイサッカーのレベルは、日本人が思うほど低くない。

現に、「タイのメッシ」チャナティップ・ソングラシンは札幌で旋風を巻き起こし、青山が所属するムアントン・ユナイテッドはACLでJリーグ王者の鹿島アントラーズを撃破した。

日本でトライアウトを受けても全滅、全然稼げなかった下地奨もタイで稼げるようになったのは間違いない。年収も日本円で二千万円を超えた。だからこそ、見えてきたこともあるという。

「僕自身は昔も今も言っていることは全然変わらないんですけど、やっぱり数字がついてくるようになると周りが話を聞いてくれるようになりますよね」

そして、自身の年収とプレーするカテゴリーも上がってくると、大きな違いがあることに気が付いたという。

「タイでも日本でもそうですけど、三部リーグとか四部リーグに行くと会話の大部分が愚痴と不満なんですよ。そりゃ一部リーグの選手だって噂話くらいはしますよ。でも、上部リーグの選手たちの会話って、大部分が“次はどうするか”という未来志向の話なんですよ」

そして、ネット民から散々バッシングを受けてきた筆者を励ましてくれた。

「タカさんの記事にそうやって文句をつけるヤツって、絶対に収入もタカさんの三分の一かそれ以下だし、記事を読んで悪口コメントを書くという時点でヒマという証明ですよね」

しかし、筆者が下地と対面した2017年4月、彼は苦境に陥っていた。「ギャラ未払い問題」である。

端的に言って、昨年まで下地が所属していた1部のクラブが2部に降格となった。クラブの収入が激減したため2016年から2年契約だった下地は2017年分のギャラを受け取れなくなった。現在、FIFAに持ち込んで係争中だが、2017年11月現在まだ決着がついていない。これもまた、タイサッカーの一側面である。

ただ、それでも下地は明るい。

「これはこれでネタにして、次の大金掴みに行きます」

(了)

【タカ大丸】
ジャーナリスト、TVリポーター、英語同時通訳・スペイン語通訳者。ニューヨーク州立大学ポツダム校とテル・アヴィヴ大学で政治学を専攻。’10年10月のチリ鉱山落盤事故作業員救出の際にはスペイン語通訳として民放各局から依頼が殺到。2015年3月発売の『ジョコビッチの生まれ変わる食事』(三五館)は12万部を突破。最新の訳書に「ナダル・ノート すべては訓練次第」(東邦出版)。
雑誌「月刊VOICE」「プレジデント」などで執筆するほか、テレビ朝日「たけしのTVタックル」「たけしの超常現象Xファイル」TBS「水曜日のダウンタウン」などテレビ出演も多数。公式サイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“2メートル男”クラウチがプレミア新記録樹立。本人は「誇っていいのだろうか?」
レスリング吉田沙保里の恩師がひた隠す東京五輪新星の重大事故
「イカルディは来季レアルでプレーする」。元清水・マッサーロ氏が断言する理由は...?
都市鉱山からメダルを!小池都知事の回収指令に北島康介苦笑
千葉“奇跡の7連勝”を呼び込んだ要因 ハイプレス&ハイライン戦術はいかに熟成されたか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加