マツコ、サーフィンのローカルルールに「制約がないとバカになるだけ」

マツコ、サーフィンのローカルルールに「制約がないとバカになるだけ」

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2017/10/12
No image

マツコ・デラックスと有吉弘行が、視聴者から寄せられた“面白かったこと”“驚いたこと”“感動したこと”など「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系列、毎週水曜23:15~ ※一部地域を除く)。10月11日の放送では、23歳女性会社員のお悩みメールから“ローカルルール”についてトークした。

コワモテが人気、小沢兄弟の漫才再び! アドリブ満載で「台本いらなくないですか?」

相談者の悩みは_「サーフィンを始めたのだが、ローカルルールが多すぎて辛い」というもの。有吉は千葉の海を舞台にしたサーフィンドキュメンタリー_『上島ジェーン』(2009年公開)に出演したこともあり、「地元のサーファーの方がいるからいろいろルールを教えてもらった……厳しいよねやっぱり」と語ると、マツコは「そこでどうしてもやりたいんだったら、ヌシがいるサーフショップに行って、そこで勉強すれば“じゃあ◯◯ちゃん一緒に入ろうよ”ってならない? “誰とも交わらないぞ”って感じで行くからダメなんじゃないの?」と持論を展開。ちなみにこの考えは正しいらしく、番組が取材したあるサーファーの話によると、外から来た人は、地元のサーフショップに通うのが重要なのだとか。

また、番組ではヌシがいてローカルルールが厳しかった場所として“サウナ”、“ジム”、“公園のバスケットコート”などが紹介された。この話の流れから2丁目界隈のローカルルールについて話が及ぶと、マツコは「昔に比べれば、最近は弱ってきたけど」と前置きした上で「やっぱりヌシがいたからね。“◯◯さんがこの店にいたときは、あんまりはしゃがないようにしよう”とか。でも逆に、新人らしくみんなを笑わせて頑張っていると、気がついたらその人がおごってくれていた」とコメントし「そういうので社会とか人生を学ぶじゃない。意外と自由で何の制限もなし……ってなっちゃうと、バカになるだけだよ?」とローカルルールについて一定の理解を示していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佐々木希&渡部だけじゃない! ドン引き、驚愕、離婚...芸人と大物女優の結婚7例!
水谷果穂、美背中を大胆露出 ビキニ姿&温泉ショットも
高嶋ちさ子 夫からの“絶縁宣言”に「上等だよ!」
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
マネージャーを8年間で14人交代させた、菜々緒の本当の性格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加