ドコモ、ドローンで日用品・食料品を離島に運ぶ実証実験

ドコモ、ドローンで日用品・食料品を離島に運ぶ実証実験

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

NTTドコモは19日、ドローンを活用した検証を行う「ドコモ・ドローンプロジェクト」を開始すると発表した。合わせて、食料品・日用品などを、福岡県能古島といった離島の個人宅に配達する実証実験を開始する。実施期間は2016年11月から同年12月の間。

No image

同プロジェクトでは、同社の携帯電話ネットワークを活用し、ドローンを使った多様なソリューションを検討。実証実験の一環として、セルラードローンを活用した買い物代行サービスを実施する。この実験では、離島におけるシニア、子育て世帯に対し、電話で依頼を受けた商品を自宅まで配達するサービスを行う。実施場所は、福岡市内にある能古島と九州本島間の約2.5kmの飛行航路、および能古島島内。2018年度をめどに、サービスの商用化に向け検討を進める。

No image
No image

同日開催された発表会では、ドローンの遠隔操作デモも実施された

同社は、「無人航空機における携帯電話の利用に関わる実用化試験局の免許」を2016年9月に神奈川県、千葉県、福岡県の一部地域で取得済み。携帯電話ネットワークを利用した、ドローン運行映像や位置情報などのリアルタイムデータ伝送、遠隔制御などの実証実験が可能となっていた。

プロジェクトではこのほか、防災や減災、農業、物流などの分野において、ドローンを活用した多様なソリューションの提供を目指す。また、通信品質や携帯電話ネットワークへの影響を検証し、ドローン周辺の通信品質や地上の携帯電話ネットワークへの影響を検証。安全に運行できる環境づくりを整備していく。

No image
No image
No image

買い物サービスに加え、同社の携帯電話ネットワークを通じ、リアルタイムデータ転送の実証実験も各地域で行われる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
簡単に車中泊が楽しめるホンダ『フリード+』の遊び方
【CES 17】米ファラデー、テスラ対抗EVはミラーレスに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加