【マンガ】かつて中国で「信号の赤を“進め”にしよう」という運動があった

【マンガ】かつて中国で「信号の赤を“進め”にしよう」という運動があった

  • ねとらぼ
  • 更新日:2018/01/12
No image

10秒で読める「マンガで雑学」のお時間です。今回のテーマはこちら。

かつて中国で「信号の赤を“進め”にしよう」という運動があった

解説

信号といえば、青で進み、赤になったら止まるもの。しかし、1960〜70年代にかけて起こった文化大革命の折、中国で「信号の赤を“進め”にしよう」という運動が現れました。声を挙げたのは、青年らによる団体「紅衛兵(こうえいへい)」。その理由は「赤は革命の色。停止ではなく、前進にこそふさわしい」というものでした。

確かに映画「ラスト・エンペラー」にも、赤信号で自転車が一斉に走り出すシーンがありますが……実際には採用されなかったとか。信号の色が持つ意味を、従来の逆さまにしてしまうと交通事故の原因になりそうなので、「さすがにそこまでレボリューションしなくても」と思われたのかもしれません。

参考

第7回アメリカ横断ウルトラクイズ

マンガで雑学」記事一覧

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「スペックにとらわれていたのは自分だった...。」東京での婚活に奮闘したエリート男が、最後に辿り着いた答え
【共感】「男子校の男子ってだいたいこんな感じ」ってイラストがTwitterで話題 / 全体の6割は単なる「〇〇」らしい
人気イベント「赤坂蚤の市」が新宿に進出! 宝探し感覚でお買いもの
突然失業してしまったら、まず何をすれば良い?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加