最新ランキングをチェックしよう
GSOMIA破棄の衝撃...韓国・文在寅に対抗するには「攻守」が必要だ

GSOMIA破棄の衝撃...韓国・文在寅に対抗するには「攻守」が必要だ

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/08/23

「真相を語る」ということ
1907年ハーグ密使事件をご存知だろうか。
オランダのハーグで開かれた第2回万国平和会議に大韓帝国(韓国)の皇帝高宗が密使を派遣し、日本が韓国の外交権を握った第2次日韓協約の不当性を各国に訴えた事件である。
各国は訴えに耳を貸さず、絶望の中で密使の一人の李儁(Yi Jun)はハーグで死亡した。事態を問題視した日本は、高宗を退位させ、1910年に韓国を併合する。
当時の日本

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
グラドル緒方咲“ありえない水着”に異常興奮!「はみ出てマンがなー!!」
「警察:商売上がったりじゃないか!」覆面パトカーがいることを後続車たちに教えるバイク乗り!
張本勲氏 佐々木朗の将来性に太鼓判「球の速さなら高卒で2番目。1番は...」
【韓国】新天地イエス教で、1000人以上に感染「新型コロナウィルス」爆発的に広がる!
トランクルームで3年暮らす中卒フリーター。生活保護の親にも頼れない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加