尖閣諸島沖の接続水域内に潜水艦と中国軍艦が出没 海自が確認

  • ハザードラボ
  • 更新日:2018/01/12

11日午前、尖閣諸島の大正島の北北東に位置する日本の領海のすぐ外側にある接続水域に、潜没していた潜水艦と中国海軍のフリゲート艦1隻と潜水艦が入域した。

防衛省は、海上自衛隊の護衛艦「おおよど」と「おおなみ」とP-3C哨戒機が午後、中国海軍艦と潜水艦が接続水域から出て行くのを確認したと発表した。

外務省の杉山晋輔事務次官は午後2時半に程永華中国大使を外務省に呼び、重大な懸念を表明して抗議するとともに、中国側に対して「日中関係改善の流れを阻害することがないよう」強く求めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【自業自得】ひどい煽り運転&黄色線無視の軽自動車。しかしパトカーが超加速で検挙!
【刑事事件】逮捕された広瀬すず兄の趣味が判明 / ガンダム好きで未成年飲酒も発覚 / 日常的にわらび餅やラーメンを摂取か
男は供述 「韓国で泥棒ができなくなり日本に来た」
「異常で、いきすぎたセックス」の末の悲劇......タイ人女性の“全裸転落死”で、英国人男性を逮捕
九州の空に変な雲!? 実はロケット打ち上げ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加