日本銀行、いよいよ「ステルス・テーパリング」を始めた可能性

日本銀行、いよいよ「ステルス・テーパリング」を始めた可能性

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/11/22

教科書とは異なる「中央銀行の現実」
筆者は、銀行に就職してからはディーリング(国内・海外)、経済調査や決済インフラを仕事にして、さらに大学・大学院で金融論などを教えている。大学時代から金融市場を研究し、金融とのかかわりは早37年が経つ。
ところが、「現場」で実際に市場にタッチしていると、金融論の教科書における金融政策の「中央銀行は金融政策を担当し……」という画一的な説明に違和感が強い。
中央銀行や

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加