大谷、12日右かかと手術 米挑戦へ「万全の状態で新しいシーズンを」

大谷、12日右かかと手術 米挑戦へ「万全の状態で新しいシーズンを」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/12

日本ハムは11日、大谷翔平投手(23)が12日に東京都内の病院で内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受けることを発表した。9日に今季の全日程が終了したばかりだが、昨秋から悩まされていた右足首痛の完治を最優先。今オフにポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦することが濃厚となっている二刀流が、来季を見据えて動き出した。

決断は速かった。大谷は9日の公式戦終了から3日後の12日、右足首痛の完治を目指して、手術に踏み切る。

「万全の状態で新しいシーズンを迎えるため、公式戦終了直後のこの時期に手術を受けることにしました」

球団を通じて、コメントを発表した。昨秋の日本シリーズなどから悩まされていた右足首痛。成人の10人に1人の割合で存在するという、かかと部分の三角骨が痛みを引き起こしてきた原因だった。今季後半は痛みが軽減していたというが、完治させるために内視鏡による三角骨の除去手術に臨む。

日本代表の一員として参加を熱望していた3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を欠場。今季は保存療法で戦っていたが、4月には左太もも裏を肉離れ。リハビリに2カ月半を要し、投手としては5試合の登板で3勝、打者としては65試合の出場と二刀流の5年目は不完全燃焼で終わった。

今オフにポスティングシステムを利用して、米大リーグに挑戦することが濃厚となっている。手術後の全治は不明だが、2、3カ月後には打撃練習や投球練習など、通常の練習も行える見込み。数日間の入院後、リハビリを開始し、来季に向けて、球団との話し合いもスタートできる。

「自分なりのパフォーマンスを出せるように、手術後はリハビリと練習に努めます」と大谷。ヤンキース、レッドソックス、ドジャースなどメジャーの名門球団も注目する二刀流が、不安と痛みを解消して、2018年の新シーズンに挑む。 (桜木理)

No image

9日の今季最終戦後は笑顔だった大谷。来季に向けて、早期の手術を決断した

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
7球団以上が競合?注目したい「清宮じゃない」選択
注目の清宮、競合必至=安田、中村も1位候補-プロ野球・ドラフト候補を探る
荒木氏、日本ハム2軍監督就任!燕時代の“同僚”栗山監督支える
日本ハム杉谷が一目ぼれ婚!一般女性と交際2年
新世界王者・村田に頭が上がらなくなったフジテレビ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加