東海大相模・金城がV三塁打 父は巨人・金城龍彦コーチ

東海大相模・金城がV三塁打 父は巨人・金城龍彦コーチ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/05/24

◇春季高校野球関東大会 準決勝 東海大相模4-1山村学園(2019年5月22日 大宮公園野球場)

No image

延長10回、勝ち越しの2点適時二塁打を放った金城

第71回春季高校野球関東大会は22日、埼玉・大宮公園野球場で準決勝2試合が行われた。東海大相模が山村学園を延長10回の末に破り、2年ぶりに決勝進出。巨人・金城龍彦ファーム打撃兼外野守備コーチの長男、飛龍内野手(3年)が決勝打を放った。東海大菅生は専大松戸を4―0で下し、23年ぶりに決勝へ進んだ。史上初となる東海大系列校同士の決勝は23日に行われる。

東海大相模の金城が同点の延長10回、決勝の2点三塁打。「当たりは良くなかったが飛んでくれた。貢献できて良かった」。塁上で大きくガッツポーズした。1メートル68と小柄ながらバネを生かした打撃と50メートル6秒3の俊足。父は両打ち、自身は右打ちだが、00年に横浜(現DeNA)で首位打者を獲得した父によく似た打撃フォームだ。門馬敬治監督が「本当に真面目な子。10回も打席に行く前に“打とうとするな”と言った」と評するほど闘志あふれる男が、名門の意地を見せつけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム上沢離脱も...左膝に打球直撃で救急搬送 吉村GM「入院する可能性もある」
日本ハム上沢 左膝の「皿」に打球、救急車で搬送
大谷一夜明け 出た107年ぶり2日連続サイクル
【MLB】大谷翔平、サイクル以来の豪快弾 興奮蘇る“23秒”動画は半日で19万回超再生
セ・リーグで登板数の上位を独占。優良すぎる外国人中継ぎ投手たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加