最新ランキングをチェックしよう
阪神淡路大震災25年...残された被災時の性犯罪対策という課題

阪神淡路大震災25年...残された被災時の性犯罪対策という課題

  • 女性自身
  • 更新日:2020/01/18

「まいどなニュース」が1月16日、95年1月に発生した阪神・淡路大震災当時の性被害について取り上げた。この特集が、注目を集めている。これまで指摘されることの少なかった問題であり、25年という時が経過しながらも残された課題といえそうだ。
記事には、仮設住宅に暮らしていたシングルマザーの話が明かされていた。ある初老の男性が手厚く世話を焼いてくれていたが、彼女がお礼として夕食に誘うと突然「抱かせろ」と態

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
夫が痴漢を追いかけ重傷に 妻は「痴漢被害が少しでも減る社会になってほしい」
女子高校生が飛び込み死亡...駅のホームで動画も撮影
政府の発表はまだか!? 総理番記者の新型肺炎“感染疑惑”と官邸の欺瞞
カズレーザー、東京マラソン参加料規約に「逆じゃないんですか?」
「何度も覚醒剤求められ...」槇原容疑者と同居元社長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加