懲りないTBSとフジテレビ......今年も『紅白』裏で“時代錯誤”の格闘技対決

懲りないTBSとフジテレビ……今年も『紅白』裏で“時代錯誤”の格闘技対決

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2016/11/30
No image

TBSとフジテレビが、大みそかの『NHK紅白歌合戦』の裏で、今年も性懲りもなく、“時代錯誤”の格闘技対決を行うことがわかった。

TBSは今年で5年目を迎えるスポーツバラエティ『史上最大の極限バトル KYOKUGEN 2016』(12月31日午後6時~11時30分予定)を放送するが、その番組の一コーナーで、元K-1 MAX世界王者の魔裟斗と、元PRIDEライト級王者の五味隆典が対戦する。舞台は神奈川・横浜市の大さん橋ホールで、K-1ルールの3分5ラウンドで判定決着なし。

昨年の大みそか、魔裟斗は6年ぶりの“一夜限定復帰”と称して、総合格闘家の山本“KID”徳郁と、K-1ルールの3分3ラウンドで、11年ぶりに再戦。KIDは距離を取って、ほとんど攻撃することなく、魔裟斗の一方的な判定勝ちとなった。

魔裟斗は試合後のインタビューで、「もうリングには上がらない」とコメントしていたが、TBSのオファーにあっさり前言を撤回し、2年連続で『KYOKUGEN』で試合をすることになった。

この一戦が放送された時間帯(第3部)の視聴率(午後10時~10時52分)は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、試合後のインタビューやエンディングを織り込んだ第4部(午後10時52分~11時35分)は4.6%だった。

同番組の他の時間帯の視聴率は、第1部(午後6時~7時)が8.8%。ボクシングの井岡一翔、高山勝成の2大世界戦をオンエアした第2部(7時~10時)は7.7%。数字的には、魔裟斗の復帰戦がいちばん高い視聴率であったが、しょせん1ケタ台。『紅白』の裏で民放1位だった日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル 絶対に笑ってはいけない名探偵24時!』の第1部(午後6時30分~9時)=17.8%、第2部(午後9時~深夜0時30分)=15.3%には遠く及ばず、自慢できるような視聴率ではなかった。

「大みそかには、プロボクシングWBA世界フライ級王者の井岡一翔が、島津アリーナ京都で、同級暫定王者のスタンプ・キャットニワットと王座統一戦を行います。TBSから正式な発表はまだありませんが、今年も『KYOKUGEN』で井岡の試合を放送するのは決定的です。『KYOKUGEN』は今年も井岡、魔裟斗、バラエティの3本立てとなります。五味は確かに全盛期の総合格闘技を支えた選手ですが、もう“過去の人”で、一般的なネームバリューではKIDより下。五味もKID同様、米国最大手の総合格闘技団体UFCに上がっている選手ですから、ガチンコの試合ではなく、エキシビション的な色合いになるのが濃厚です。アトラクションのようなものでしょうから、“判定決着なし”は当然のこと。魔裟斗がまた復帰ということで、昨年よりインパクトも小さいですし、統一戦の井岡の方が視聴率を取るような気がします。視聴者もバカではありません。昨年、KIDとのああいった試合を見せられていますから、視聴率的には大きな期待はもてないのでは? とても、『ガキ使』には肉薄などできないでしょう」(スポーツ紙記者)

一方、昨年大みそか、2005年の「PRIDE」以来、10年ぶりに格闘技イベント『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND PRIX~IZAの舞』を中継したフジテレビが、今年も『紅白』の裏で、『RIZIN』を放送することを決めた。オンエアは午後6時から11時45分で、昨年より1時間長くなる。

今年も12・29&31さいたまスーパーアリーナでの2連戦を中継。すでに、「無差別級トーナメント2回戦」のミルコ・クロコップvsヴァンダレイ・シウバ、高阪剛vsバルト(元大関・把瑠都)。スペシャルワンマッチの川尻達也vsクロン・グレイシー、所英男vs山本アーセン、アンディ・ウィンvs山本美憂、ギャビ・ガルシアvs神取忍、坂田亘(小池栄子の夫)vs桜井“マッハ”速人などの対戦カードが決定しているが、正直、「昔の名前で出ています」との印象が強い。

昨年大みそかの『RIZIN』の視聴率は、第1部(午後7時~8時45分)=5.0%、第2部(午後8時45分~10時30分)=7.3%、第3部(午後10時30分~11時45分)=3.7%。今年9月25日にゴールデン帯(午後7時~9時54分)で放送された『RIZIN』は8.5%で、いずれも合格点にはほど遠い視聴率だった。それでは、なぜフジは2年連続、『紅白』の裏で、『RIZIN』を中継するのか?

「フジの『紅白』の裏の視聴率は。14年の『THE FACE OF 2014 世界が選ぶ今年の顔!アワード』が4.0%、『ワンピース エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜』が3.3%、『2014→2015 ツキたい人グランプリ~ゆく年つく年~』が2.5%と、すべて5%割れ。13年の『祝!2020 東京決定SP』に至っては、第1部『スポーツ衝撃の生対決と伝説の名場面で最高のおもてなし』が2.0%、第2部『東京五輪夢と奇跡の物語」』が2.5%と惨たんたるものでした。ですから、一から新たな番組を企画、制作して爆死するより、7~8%台は見込めそうな『RIZIN』の方が、『まだまし』との考えなのでしょう。妥協案以外のなにものでもありません」(テレビ誌関係者)

かつて、全盛期のK-1『Dynamite!!』(TBS)、『PRIDE 男祭り』(フジテレビ)は、大みそかのプライム帯で15%超の視聴率を獲得する人気コンテンツだった。しかし、それは過去の話で、格闘技ブームなど、とうの昔に去っている。そんな中、今年も『紅白』の裏で格闘技対決など、“時代錯誤”もはなはだしい。ただ、両局にとっては、他の企画では数字が取れないために選択せざるを得なかった“苦肉の策”なのだろう。
(文=田中七男)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2度目の打ち切りへ?「マツコの知らない世界」のヤラセに視聴者から批判殺到
成宮寛貴の薬物疑惑報道でディーン・フジオカファンが激怒するワケ
キレるとヤバい?「瑛太の弟」永山絢斗が生放送中に突然、絶叫する放送事故
「女性経験がありません」逃げ恥・平匡の告白に、女性ファン悶絶!
八嶋智人が「成宮寛貴は好青年」とフォローも「FRIDAY」が爆弾続報を予告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加