日本郵船---続落、社長インタビュー報道をマイナス視

日本郵船---続落、社長インタビュー報道をマイナス視

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/19
No image

株式会社フィスコ

日本郵船<9101>は続落。社長のインタビュー報道が伝わっている。海運市況の低迷で18.3期まで厳しい業績が続くとの見解を示しており、ネガティブ視される格好のようだ。減損損失など特別損失の計上を発表で、18.3期以降の業績回復期待が高まりつつあっただけに、失望感につながる形に。市況低迷時に契約した案件の影響が今後も残るもようだ。

<WA>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ニッポンの自動車史に名を刻んだオモシロ軽自動車大集合!
ボルボカーズ世界販売0.6%減---XC90 新型は好調 11月
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加