「パシフィック・リム:アップライジング」が2018年4月日本公開決定! 日本語字幕付きの海外版予告も公開

「パシフィック・リム:アップライジング」が2018年4月日本公開決定! 日本語字幕付きの海外版予告も公開

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/10/12
No image

2013年に公開された映画「パシフィック・リム」の続編となる「パシフィック・リム:アップライジング」が2018年4月に日本公開されます。

No image
No image
No image

「パシフィック・リム:アップライジング」では、前作で描かれた人類とKAIJUの戦いから数年後の世界が舞台。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のフィン役を務めたジョン・ボイエガが今作の主人公ジェイク・ペントコストを演じます。

日本語字幕付きの海外版予告も公開され、前作と同様に巨大ロボイェーガーを2人のパイロットが操縦する場面や、超巨大KAIJUと対峙する複数のイェーガーの姿も。世界各国の都市で物語が繰り広げられ、なかには日本と思われるシーンも確認できます。

今作では前作で菊地凛子さんが演じた森マコや、チャーリー・デイさんが演じたKAIJUマニアのニュートン博士も引き続き登場します。新キャストとして新田真剣佑さんも出演し、前作のギレルモ・デル・トロ監督も製作として参加。新監督としてスティーヴン・S・デナイトが抜擢されています。

(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

関連キーワード

パシフィック・リム | 日本 | 映画 | 海外 | 海外版 | 予告 | 字幕

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
寺西一浩監督&永尾まりや2年連続快挙!モナコ国際映画祭オープニング映画に決定
10月22日の注目映画第1位は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』猿たちが磔にされたX字型の十字架の意味とは?
広瀬すずは“求められること”に慣れない オーディション落選から4年越しの実現...オファー殺到の今も「まだまだ」<モデルプレスインタビュー>
吉田監督、初参加で快挙!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加