杉田祐一ストレート勝ち 錦織&西岡不在の中で役目果たした デ杯入れ替え戦

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

男子テニス国別対抗戦デビス杯のワールドグループ入れ替え戦、日本―ブラジルの初日が15日、大阪・靱テニスセンターで行われた。シングルス第1試合で世界ランキング42位の杉田祐一(28=三菱電機)が同244位のギレルミ・クレザール(24)に6―2、7―5、7―6でストレート勝ちした。

第1セットを順調に先取した杉田だが、第2セットからはクレザールの積極的なリターンとバックのストレートに苦しんだ。それでも第2セットは6―5からブレークしてしぶとく奪うと、第3セットは4―5から相手のサービスゲームを破って追いつき、タイブレークで競り勝った。

錦織圭、西岡良仁らが欠場する中、日本のNo.1として臨んでいる杉田は「大きなプレッシャーはあったが、ギリギリのところで勝利をもぎ取れた」とトップバッターとしての役割も果たしてホッとした表情。デ杯のシングルスでは、13年アジアオセアニアゾーン1回戦インドネシア戦以来の白星となった。

シングルス第2試合では添田豪(33=GODAI)がチアゴ・モンテイロと対戦した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ケルバーを崩す解決策を見つけた」決勝進出のパブリウチェンコワ [東レPPO]
ナダルとフェデラーがダブルスを組んで最初の勝利 [レーバー・カップ]
フェデラーとナダルがついに共闘!夢のダブルス実現で「一生の思い出」に
アクセルセンが世界1位の孫を撃破、バドミントン・ジャパンOP決勝へ
攻めた五輪女王「タカマツ」、世界選手権・銀の「フクヒロ」に完勝【バドミントン スーパーシリーズ ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017<準決勝>】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加