米8月コアCPI、前月比0.2%上昇―市場予想と一致

米8月コアCPI、前月比0.2%上昇―市場予想と一致

  • モーニングスター
  • 更新日:2017/09/15
No image

<チェックポイント>●コアCPI、前年比では1.7%上昇と4カ月連続で変わらず

●全体指数の高い伸びはガソリン価格高騰が主因

●FRB、利上げよりもバランスシート正常化プログラム強化の大勢に変化なし

米労働省が14日発表した米8月CPI(消費者物価指数)は、コアCPI(価格変動が激しいエネルギーと食品を除いたもの)が前月比0.2%上昇となり、市場予想と一致した。ただ、前年比は1.7%上昇と、4カ月連続で変わらず、2月の同2.2%上昇から比べると依然抑制された状況が続いている。

また、CPI全体指数は前年比1.9%上昇となり、6月の1.6%上昇や7月の1.7%上昇を上回ったが、2月の同2.7%上昇から減速したままだ。特に、イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長が指摘したように、携帯電話サービス会社の料金値下げ競争を反映した携帯電話料金は前年比13.2%低下と、依然、インフレを抑制し続けている。

CPI全体指数(季節調整後)は前月比0.4%上昇(前月は0.1%上昇)と、市場予想の同0.3%上昇を上回り、7カ月ぶりの高い伸びとなった。ガソリン価格が1月以降で最大の伸び率となったことが主な要因だが、今回の統計では8月末に米南東部を襲った大型ハリケーン「ハービー」がもたらした洪水による石油精製所の閉鎖による影響については、「データ収集への影響はかなり小さかった」としているだけで、直接言及しておらず、どの程度影響が及んだかは不透明。

8月のCPI全体指数の加速は金融引き締めの可能性を高めるものの、FRBは今後、インフレの加速を意味するかどうかについてはハリケーンの影響による一時的な加速と判断する可能性が高い。

全体的にはCPIでみたインフレ率の伸びが抑制されていることから、今後、FRBは利上げよりも保有債券の減額によるバランスシートの正常化プログラムを一段と強化していくとみられ、次回9月19-20日の会合で新たな保有債券の減額スキームを発表する可能性がある。

一方、利上げについては、FRBは年内あと1回、来年は3回を計画しているが、FRBが重視しているコアPCE(個人消費支出)物価指数も7月は1.4%上昇と、15年12月以来約2年ぶりの低い伸びで、2月の前年比2.2%上昇から大きく減速しCPIと同様に抑制されていることから、FRBは年内利上げを見送るとの市場の見方に大きな変化はない。

<関連銘柄>

NASD投信<1545>、NYダウ投信<1546>、上場米国<1547>、

SPD500<1557>、国際VX中先<1561>、iS米超大型<1587>、

iS米小型<1588>、iS米高配当<1589>、iS米リート<1590>、

NYダウ<1679>、NYダウブル<2040>、NYダウベア<2041>

提供:モーニングスター社

(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「もはや中古家具店」大塚家具、経営危機の内幕...久美子改革が完全失敗、経営陣一掃は必須
「日本のeスポーツここから始まる」...市民権獲得へ 東京ゲームショウ開幕
鳥貴族が「280円均一」を298円に値上げへ 業績・株価への影響はどうなる?
トヨタが最も遅れている? 世界は電気自動車へシフトなのに...
あの名門私立女子高が混乱状態...教員一斉退職、保護者が国に全理事解任要求
  • このエントリーをはてなブックマークに追加