植田まっすぐ走れ!金本監督から蛇行指摘、修正して盗塁100%成功誓った

植田まっすぐ走れ!金本監督から蛇行指摘、修正して盗塁100%成功誓った

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/17
No image

金本監督(左から2人目)が見守る中、盗塁練習する植田(左)=撮影・飯室逸平

「阪神秋季キャンプ」(12日、安芸)

阪神の植田海内野手(21)が指揮官の言葉を胸に、来季は持ち味の俊足を発揮することを誓った。「(盗塁)成功率は100%でいきたい」。今季ウエスタン・リーグで2位となる25盗塁を記録。今度は1軍の舞台で、果敢に次の塁を狙う。

午前中に行われたスチール練習。若虎が、何度もスタートのタイミングを確認する中、金本監督が一人の選手を呼び寄せた。背番号62、植田だ。「蛇行しとったからね。ベースに向かってまっすぐ走れと」。これには植田自身も「(金本監督の言葉)そのままです。内野の方に入ってしまう、その分ムダなので」としっかり受け止めた。

今季は1軍に昇格後、9月14日にプロ初盗塁をマークしていた。「今年とりあえず1個決められたので、ホッとしています」。そう振り返ったが、来季はこんなもので終わらせない。

「海~、次塁出たら走れよ~!!」。安芸へ駆けつけた虎党からのげきが飛ぶ。みんなが期待する足。「(求めるのは)量と率と両方です」。この日助言を受け、うまく走れたと実感したのはラスト1本のみ。持ち前の速さに加え、力んだときの悪癖がなくなれば…。植田はさらなる魅力を生み出すことになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NMB48山本彩に野球について聞いてみた 野球にハマったきっかけは?さや姉熱弁の“おすすめ&注目選手”は?<インタビュー>
通算320盗塁の巨人・片岡「僕の体はもう限界でした」
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
阪神青柳「自立しないと」退寮→人生初1人暮らしへ
【野球】阪神・石崎が“剛球”で未来切り開く 155キロ、ストレートの秘密
  • このエントリーをはてなブックマークに追加