12月は浮気月間!クリスマス前に暴く「夫の浮気」7つのサイン

12月は浮気月間!クリスマス前に暴く「夫の浮気」7つのサイン

  • It Mama
  • 更新日:2016/11/30
No image

source:http://www.shutterstock.com/

いよいよ12月。忘年会やクリスマス、仕事納めなどなど、パパもママも何かと忙しい時期です。

忙しいながらも、イベント盛りだくさんで楽しみも増えますが、一方不穏な季節でもあるんです。

それはナゼか? なんと12月は“浮気調査”が急増するんだそう。

コレは落ち着いてはいられませんね……。

「忘年会があるから遅くなる」12月は口実にあふれている

12月のイベントのひとつとして真っ先に思い浮かぶのは、やはり“忘年会”。この忘年会の厄介なところは帰宅が遅くなること。

「終電がなくなったからオールでカラオケしてる」

という口実を隠れ蓑に、浮気相手と外泊している可能性も……?

ソレ絶対浮気!「夫を疑うべき」7つのサイン

No image

source:http://www.shutterstock.com/

そんな、不埒な男女にとっての好都合な季節がやってくる前に、なんとか浮気の兆候を掴みたいもの。

夫の浮気を疑うべきサインや特徴を紹介します。

(1)好奇心旺盛な性格

好奇心旺盛な人は、常に新しいモノゴトに敏感です。

「もっと詳しく知りたい」「触れてみたい」「手に入れたい」という気持ちが強い人が多いので、気になる女性が現れた場合浮気をしてしまう男性もいます。

(2)あなたの発言に過敏になっている

自分の浮気を隠して、あなたと別れるための口実を探して、こういった行動をとります。そのため、夫がどんな言葉に反応するのか、よく確認しておかなければなりません。

(3)お誘い拒否で傷ついている

夜のお誘いを強く拒否してしまったことはありませんか?

プライドが傷つけられた夫は、外で自分を受け入れてくれる女性に走りかねません。

(4)夫からのお誘いがなくなった

No image

source:http://www.shutterstock.com/

(3)と関連しますが、長い間レスに至ってしまった場合、あなたを女性として見られなくなり、同様に他の女性を求めてしまうかも……?

(5)妻を避けて「友達と過ごしたい」とよく言う

その友達に、「最近うちの夫とよく遊んでいるの?」と聞くと、驚くような答えが返ってくるかもしれません。今までそんなこともなかったのに、突然「友達に会いたい」と言い出したら要注意です。

(6)家にいる時、部屋のドアを閉めたがる

浮気している人は、その関係に夢中になれる(余韻に浸れる)自分だけの空間を持ちたがります。これは、すぐに見破れる浮気のサインのひとつです。

(7)性生活のマンネリ化

夜の営みが“形骸化”してはいませんか? そんなマンネリ状態に陥ってしまったら要注意。浮気相手との肉体関係に満足し、あなたとの行為が面倒になっている影響かも……。

いくつも思い当たるフシがある場合、浮気を疑ったほうが良いでしょう。

夫婦関係修復の道は…?

しかし、少しでも夫婦関係修復の気持ちがあるのであれば、頭ごなしに責めたりしてはいけません。男性は、信頼や期待を寄せられると、それに応じようと頑張ってしまう生き物。関係を続けたいなら、まずは交際直前~直後のメールを読み返してみて、夫への愛情を思い出してみてください。

そして、今までより素敵な笑顔で、定期的に「好きです」と告白し直したり、ちょっとしたことに恥じらってみたり、夫の好きなものを作ったりして、“信頼している”、“期待している”ことをアピールしてみてください。

たったこれだけで、浮気した夫でも何とか関係が修復できちゃいます。表面上だけでもいいので、ぜひ試してみてくださいね!

夫婦、そして家族一同円満で幸せなクリスマスと年越しを迎えましょう!

【参考・画像】

12月は浮気調査が急増する時期 – 初めての浮気調査サイト Produced by ラブ探偵事務所

※ Anetlanda , Natalya Okorokova , NotarYES / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
え...おいしいから!? 男性がお口エッチをする心理アレコレ5つ
マジ!? 「キスが体にイイ!」本当の理由・6つ
男性が「絶対手に入れたい!」と思った女性にしかしないこと6つ
既婚女性に聞く「結婚前にやっておかないと後悔する5つのこと」
もう可愛すぎてイクッ!男性が胸キュンするセックス中の“ウブな反応”5選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加