前FIFA会長のブラッター氏に新スキャンダル 元米女子代表GKがセクハラ行為を主張

前FIFA会長のブラッター氏に新スキャンダル 元米女子代表GKがセクハラ行為を主張

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/12
No image

ホープ・ソロが2013年1月のバロンドール表彰式での“ボディタッチ”を激白

FIFA(国際サッカー連盟)汚職事件において組織的な不正疑惑の中心人物とされ、捜査を受けているゼップ・ブラッター前会長に、美人GKへのセクハラ疑惑という新たなスキャンダルが発生している。

セクハラ被害を主張したのは、元アメリカ女子代表GKホープ・ソロだ。ソロ自身も数スキャンダルを起こしてきた人物とはいえ、その実力に疑いの余地はなく、女子ワールドカップで2大会連続最優秀GKに輝くなど数々の表彰を受けてきた。

その中で、ソロが2013年1月のバロンドール表彰式に出席した際に起きた出来事を、ポルトガル誌「エクスプレッソ」のインタビューで激白した。

記事によれば、ソロは「ステージに上がる直前に、私は彼(ブラッター氏)からボディタッチを受け、そこに座るように要求された。完全にショック状態になってしまってけれど、友人であるアビー・ワンバック(元アメリカ代表FW)に最高の賞が与えられる瞬間であり、乗り越えなければならなかった」と話しているという。

ブラッター氏は事務所を通じて「バカげた主張だ」と完全否定。しかし、汚職に加えてセクハラ疑惑まで噴出し、“FIFA歴代最悪の会長”という汚名は晴れることがなさそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアル主将ラモス、ダービーで鼻骨折 衝撃の“顔面キック”に海外騒然「新しい鼻が必要」
元イングランド代表MFの息子が“70ヤード弾” 衝撃の一撃に称賛「ベッカムを再現した」
審判の判定 バルサ不服訴える
17歳中村敬斗がシュトゥットガルトの練習参加。U-17W杯では4得点の活躍
ブッフォンら休ませたユベントス、サンプドリアに苦杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加