アルコール依存症疑惑の山口達也 その危険性を「元患者家族」が警鐘

アルコール依存症疑惑の山口達也 その危険性を「元患者家族」が警鐘

  • しらべぇ
  • 更新日:2018/04/26
No image

(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Thinkstock)

女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIO・山口達也にアルコール依存症疑惑が浮上。本人は記者会見で否定しているものの、その行動などを見る限り、病魔に冒されている可能性も否めない。

■国分が依存症を匂わせる発言

山口のアルコール依存症疑惑が浮上したのは、2016年の離婚直後。一部でその可能性が報じられたが、テレビでの振る舞いが普段と変わらなかったことなどから、ガセだと思われていた。

しかし、26日の『ビビット』(TBS系)内で、国分太一が共演者の質問に答える形で「病院に行ってお酒と向き合っている」「お酒につられることがあるから病院に通っていた」などと発言。暗に依存症を認める形に。

■本人は依存症を否定も…

さらに26日14時から行われた記者会見でも山口本人が「今年の1月15日からお酒の関係で身体を壊し、1ヶ月入院していた」と告白。飲酒量を制御できなくなっているようで、酒によって身体を壊していたことは事実である模様。

事件発生時も山口は酒に酔っており、酒が不祥事の遠因になっていることは間違いない。

本人はアルコール依存症であることを明確に可能性を否定しているが、その行動などから、ネット上では「アルコール依存症なのではないか」という見方が広がっている。

山口達也氏の記者会見を見ました。アルコール依存症を否定して肝臓値が高いから入退院を繰り返す話を聞いて依存症は否認の病なのでそのまんまだなと。謹慎中にエレキベースの腕を磨いておけばいいと思う。TOKIOは何気にベースの山口の演奏だけあと一歩的な言われ方してたから大変だろうけど頑張れ
— Yukko@つけもののおもし♥ (@yukko_3_crane)
April 26, 2018
from Twitter

山口達也はアルコール依存症なんじゃないかな。
離婚騒動の頃から変だと思ってたけど。
ちゃんと向き合わないと、このままだと次は自分の命だよ。本当に死んじゃうよ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
無期限謹慎で社会と断絶してしまうのがとても心配だ。どうか周囲の人支えてやってほしい。
— さざなも (@iwasenki)
April 26, 2018
from Twitter

ミヤネ屋のコメンテーター

本人は依存症を否定してるけど、退院したその日に大酒飲んでる状況はアルコール依存症と言えると思う、とのこと。 #山口達也
— ユデ海老 (@yudeebi)
April 26, 2018
from Twitter

本人は否定してるけど、どう考えてもそれはアルコール依存症だと思うよ?退院した日に飲酒するかね?昔、ウイルス感染で、肝臓数値がやばくて入院したけど、退院しても1ヶ月は禁酒したよ。お酒好きだけど、依存症ではないってそういうところじゃないの? #山口達也
— 南方神起 (@tgglx)
April 26, 2018
from Twitter

■依存症に陥ってしまう人はどれくらい?

山口のように依存症になってしまう人はどのくらいいるのか。しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,365名に行った調査で「依存症になったことがある」と答えた人はわずか1割。

No image

(©ニュースサイトしらべぇ)

全体的に見ると、その割合はやはり低い。しかし、確実にアルコールや薬物などに依存する人も存在している。誰もがその「危険性」を持っているといってもいいだろう。

■家族がアルコール依存症だった人に聞いてみると…

家族がアルコール依存症だったというMさんに話を聞いてみた。

「アルコール依存症は、胃炎や骨折のように病院に行けば治るものではありません。病院では『病気によってどれだけ家族が迷惑するか』や、『いかに身体に悪影響を及ぼすか』を教育するだけ。

病院で教育を受けても、山口のように退院すると『たまには飲みたい』『今まで我慢していたのでいいだろう』と飲酒を再開し、すぐ元に戻る人もかなり多い。

私の元妻も、退院後すぐに飲酒し、自分を正当化したため、治ることはありませんでした。おそらく彼も同じ。酒は薬物と違って誰でも簡単に手に入ることも、治りにくい要因です。

この病気の場合、誰かがサポートするとそれに甘え、結局また酒を飲んでしまう。仕事や名声を失い、仲間や家族からも無視され、どん底に落ちたとき、初めて『このままじゃいけない』と改心します。

辛いようですが、手を出し述べず、徹底的に無視し、自分で立ち直ることを待つことしか、アルコール依存症を治す方法はありません。

ただし、一度飲んでしまうとすぐに元に戻る。完治することは一生ないと言ってもいい。山口が置かれている状況はかなり厳しいと思います」

本人が否定しているため現在アルコール依存症ではないとのことだが、酒を発端としたトラブルで仕事を失ってしまったのは事実。

このような状況になってしまったことが、残念でならない。

・合わせて読みたい→タバコ規制の次はアルコール?飲み放題禁止に賛否両論

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年12月19日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フェイスブックから強制削除された子犬の画像。その理由はあまりにも何かに似すぎていたためだった。
30代女性のひとりH事情を調査。みんなの頻度と方法は?
【なぜそこだけ】ダメージを1点集中!? お尻の下だけが破れているデニムにドキドキ&モヤモヤするよ
保育園や幼稚園帰りに「今日何したの?」と聞いてはいけない理由
男性の“アレ”を使って若返り!? 驚きの美容法にハマる大物女優たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加