最新ランキングをチェックしよう
抗生剤を併用した潰瘍性大腸炎の便移植療法の有効性を確認 - 順天堂大

抗生剤を併用した潰瘍性大腸炎の便移植療法の有効性を確認 - 順天堂大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

順天堂大学は12月1日、潰瘍性大腸炎に対する抗生剤併用便移植療法の有効性を確認したと発表した。
同成果は、順天堂大学大学院医学研究科・消化器内科学講座 石川大准教授らの研究グループによるもので、11月22日付けの米国科学誌「Inflammatory Bowel Disease」電子版に掲載された。
便移植療法は副作用の少ない治療として注目され、クロストリジウム・ディフィシル感染性腸炎への適用では高

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界最先端を行く日本の科学技術がまた1つ登場
ニュートリノの観測装置「スーパーカミオカンデ」、1日だけ一般公開 定員は300名
発見された新種は「陸上最大のメガ恐竜」だった
新幹線で月まで行くと63日かかる では火星まではどのくらい?
東大、長年観測が待望されていた電子の「震え運動」を検証
  • このエントリーをはてなブックマークに追加