最新ランキングをチェックしよう
抗生剤を併用した潰瘍性大腸炎の便移植療法の有効性を確認 - 順天堂大

抗生剤を併用した潰瘍性大腸炎の便移植療法の有効性を確認 - 順天堂大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

順天堂大学は12月1日、潰瘍性大腸炎に対する抗生剤併用便移植療法の有効性を確認したと発表した。
同成果は、順天堂大学大学院医学研究科・消化器内科学講座 石川大准教授らの研究グループによるもので、11月22日付けの米国科学誌「Inflammatory Bowel Disease」電子版に掲載された。
便移植療法は副作用の少ない治療として注目され、クロストリジウム・ディフィシル感染性腸炎への適用では高

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クジラはごく最近急激に大きくなった、その理由とは?
なぜ50歳女性が駅で一晩過ごさなければならなかったのか
学術論文の無料ダウンロードを可能にする「Sci-Hub」が約17億円の賠償金を命じられる
恐竜、進化の「定説」覆す新仮説が波紋...分類や教科書は大幅書き換えの必要?
日本恐竜展史上最大の巨大恐竜を日本初公開!幕張メッセで「ギガ恐竜展2017」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加