最新ランキングをチェックしよう
抗生剤を併用した潰瘍性大腸炎の便移植療法の有効性を確認 - 順天堂大

抗生剤を併用した潰瘍性大腸炎の便移植療法の有効性を確認 - 順天堂大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

順天堂大学は12月1日、潰瘍性大腸炎に対する抗生剤併用便移植療法の有効性を確認したと発表した。
同成果は、順天堂大学大学院医学研究科・消化器内科学講座 石川大准教授らの研究グループによるもので、11月22日付けの米国科学誌「Inflammatory Bowel Disease」電子版に掲載された。
便移植療法は副作用の少ない治療として注目され、クロストリジウム・ディフィシル感染性腸炎への適用では高

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
意味が分かると怖い話(遊んでいたら・・・)
子どもの頃の経験がDNAを改変させる(米研究)
カテゴリー1→5→2 勢力が目まぐるしく変わるハリケーン・マリアの謎
胃がんの多い日本人 原因はピロリ菌が作るタンパク質 東大の研究で判明
将来アルツハイマー病にかかる人を脳のMRIスキャン画像から機械学習アルゴリズムで判別可能に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加