マイクロソフト、5月セキュリティ更新プログラム公開 - 脆弱性悪用確認

マイクロソフト、5月セキュリティ更新プログラム公開 - 脆弱性悪用確認

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/05/15
No image

日本マイクロソフトは5月15日、2019年5月のセキュリティ更新プログラムを公開した。JPCERT/CCは、脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃により任意のコードが実行されるおそれがあると注意を呼び掛けている。

更新プログラムが公開されたソフトウェアは、以下の通り。

Adobe Flash Player

Internet Explorer

Microsoft Edge

Microsoft Windows

Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps

Team Foundation Server

Visual Studio

Azure DevOps Server

SQL Server

.NET Framework

.NET Core

ASP.NET Core

ChakraCore

Online Services

Azure

NuGet

Skype for Android

深刻度が「緊急」に分類される脆弱性を抱えているのは、Windows 10 v1903/v1809/v1803/v1709/v1703/v1607、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Server Core インストール s v2019/v2016/v1903/v1803、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、Internet Explorer、Microsoft Office 関連のソフトウェア。

マイクロソフトによると、脆弱性「、CVE-2019-0863 (重要)」の悪用を確認しているという。同社は、できるだけ早期に、今月公開のセキュリティ更新プログラムを適用を適用するよう呼びかけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
手のひらサイズの「ゲームキューブクラシック」を自作してしまった猛者が登場、もちろん実際にプレイすることも可能
スマホ、ついつい触っちゃう問題...。キングジムの「未来すぎるボールペン」が解決してくれるかも!
話題の超小型スピーカー「EWA A106(1999円)」を使ってみたらサイズを超えたサウンドが鳴ってビビった!
ラブホ盗撮事件が多発...防止グッズはもはや必須化するのか?
東京オリンピックで活躍する特製カメラ ゲッティが披露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加