体操女子 63年ぶり金メダルの村上茉愛が帰国 「“ゴムまり娘”って呼んで」

体操女子 63年ぶり金メダルの村上茉愛が帰国 「“ゴムまり娘”って呼んで」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/12
No image

カナダから帰国し、金メダルを手に笑顔を見せる村上茉愛(撮影・出月俊成)

カナダ、モントリオールで行われた体操の世界選手権で、種目別床運動で日本女子としては63年ぶりの金メダルを獲得した村上茉愛(21)=日体大=が11日、成田空港に帰国した。当初は10日に帰国予定だったが、乗り継ぎのトラブルにより、1日遅れとなっていた。その後、都内で凱旋会見を行った。

空港に多くの報道陣やファンに囲まれた村上は「メダルを取ると、こんなに違うのかと思った。メダルの効果は凄いなと実感しました。63年ぶりっていうのは現地の取材で知った。快挙を成し遂げられて良かった。日本女子の強さを見せられた」と、充実の表情で快挙を振り返った。

長く低迷が続いていた日本女子に誕生したニューヒロイン。幼なじみで大学の同期でもある男子新エース候補・白井健三が“ひねり王子”と呼ばれており、自身の“異名”を聞かれると「大学内では“ゴムまり娘”と言われている。力強いバネのある演技は目指しているし、自分でいうのもなんですけど、そう呼んでください」と、笑った。

今後は女子のエースとして、20年東京五輪に向けて、けん引役として期待される。「床、跳馬は得点が稼げる種目。そこは質を上げていきたい。個人総合で見ると、平均台と段違い平行棒の器具系が弱い。“最強の村上”って言ってもらえるぐらい練習したい」と、自覚を漂わせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
約50%の夫婦がセックスレス!「夫婦関係を円満にする」秘訣とは
萩本欽一が明かした香取慎吾との「仮装大賞」共演経緯
希望の党候補が離党可能性との報道、小池代表「それは勘違い」
彼女巨乳な男は恋愛勝ち組?エッチでのあるあるエピソード10選
「女の子のひとりエッチ」大調査!みんなはどんな風にしているの?頻度は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加