ベッキー関連 新語・流行語年間大賞受賞ならず

ベッキー関連 新語・流行語年間大賞受賞ならず

  • リアルライブ
  • 更新日:2016/12/01
No image

「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞とトップ10が1日に発表され、年間大賞は「神ってる」に決まった。

今回の候補の中で注目を集めていたのが、タレントのベッキー関連の言葉が多数ノミネートされていたこと。

今年の芸能界は様々な出来事が起こり、世間を大きく賑わせたが、その先陣を切ったのは、人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音とベッキーの「ゲス不倫」。1月、「週刊文春」(文藝春秋)が2人の不倫をスクープ、LINEの生々しいやりとりも暴かれ、日本中に激震が走った。その後、ベッキーは芸能活動を休止。現在は、仕事を再開しているが、本格的な復帰とは言い難い状況。一方の川谷は、不倫のケジメとして妻と離婚したが、すぐさまアイドルとの熱愛が同誌で報じられた。その際に批判を浴びたのが、当時未成年者だったアイドルの飲酒。アイドル側の事務所も事実を認め、川谷も謝罪。一連の騒動の責任を取り、12月3日の東京公演をもって活動自粛に入ることを発表している。

ベッキー関連の言葉は、トップ10に「ゲス不倫」が選ばれたものの、「センテンススプリング」「文春砲」などは選出されなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴コカイン使用疑惑に続報 少なくない「服装のほうが気になる」の声
成宮寛貴、芸能界引退を発表「本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました」
再び...「フライデー」が成宮寛貴コカイン疑惑の詳報、具体的すぎる描写
マイクの存在を忘れて「中に出してないよね?」 人気生主が生配信中にSEXして“丸刈り謝罪”
【週刊誌への挑戦】フライデーを潰すために全力で『圧力』をかけてみた

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加