最新ランキングをチェックしよう
英国の最新鋭戦艦を撃沈した攻撃機指揮官が遺した「意外な言葉」

英国の最新鋭戦艦を撃沈した攻撃機指揮官が遺した「意外な言葉」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/12/10

真珠湾攻撃によって火ぶたが切られた太平洋戦争。その2日後の1941年12月10日、かつて世界の海を席巻した英国海軍の最新鋭戦艦プリンス・オブ・ウェールズと圧倒的な攻撃力を誇った巡洋戦艦レパルスが、日本の航空部隊のみによって撃沈された。これは、これは世界の戦争史上初のことであり、その後、海戦の様相は一変することになった。
この海戦に、一式陸上攻撃機の操縦士として参加し、その後の不利な戦況を奇跡的に生

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「アルファベット入りナンバープレート」増加中 どんな意味がある?
《佐野SAストライキの真相》”解雇部長”が着任1年でベテラン従業員たちの心を掴んだ理由
捨てられた韓国。GSOMIA破棄を宣言した隣国を待つ真っ暗闇な未来
水卜麻美アナ、24時間テレビ駅伝の”激ヤセ”であの後輩アナにブレイクチャンス到来か
韓国人の男が日本人女性に暴行 髪つかみ罵声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加