ユーモラスな紳士をヒューが好演『マダム・フローレンス!夢見るふたり』

ユーモラスな紳士をヒューが好演『マダム・フローレンス!夢見るふたり』

  • THE PAGE
  • 更新日:2016/11/30
No image

(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

世界一オンチなソプラノ歌手、フローレンス・フォスター・ジェンキンス(1868-1944)をご存じだろうか? 1944年10月25日、音楽の殿堂、ニューヨークのカーネギーホールで行われた奇跡とも、伝説ともいわれるリサイタルは今なお語り継がれている。チケットは即座に完売し、ホールに入りきれない観客が詰めかけたという。

映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』は、ジェンキンスの起こした奇跡の実話をコミカルに、そして感動的に描いている。ジェンキンスを演じるのは、アカデミー賞俳優で、歌唱力にも定評のあるメリル・ストリープ(67)。音程もリズムも外れた下手な歌だけど、どこか温かみを感じさせる歌声を忠実に再現し、話題となっている。自分がオンチであることに全く気付いていないお気楽で前向きなセレブの天然っぷりを見事に表現。どこか憂いを秘めた表情が愛らしく、思わず「応援してあげなくちゃ」と思わされてしまう。

映画に返り咲いたヒュー・グラントの新境地

No image

(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

そんな愛すべきジェンキンスのマネージャーであり夫のシンクレア・ベイフィールドをヒュー・グラント(56)が演じている。大きい作品の出演は久しぶりで、同作で演じるシンクレアは今までの彼のイメージを形成してきたゲイ、王子様、ダメ男のどれにもカテゴライズされない役どころで、ユーモラスで気品あふれるニューヨークの英国人を好演している。おそらくこの役はヒューでなければ務まらない。

近年「ロマコメを演じるには歳をとりすぎた」と言い、映画出演のオファーの多くを断ってきたり、「報道の透明性」を訴えるキャンペーンに参加したりなど、本格的な俳優活動はしばらくご無沙汰だったヒュー。この作品に出演しようと決めた理由は、「脚本がすばらしくて、純粋に面白かった。メリル・ストリープとの出演はすでに決まっていたので、すっかりやる気になってしまったから」だと語る。

映画出演は久しぶりでも、さすが余裕のある演技を見せているかに思われたが、実は名優・メリルとの初共演に「震え上がるほど恐ろしかった」とコメントしている。また、賞レースに出品するような作品だったので、フリアーズ監督に対しても怯えていたし、メリルの準備を待つ間、1年分くらい練習して臨んだ作品だったという。それゆえに、次期オスカーの呼び声も高い仕上がりとなっている。これをきっかけに「面白くて、ステキな英国紳士」、こんなヒューがこれからも会えたらいいと思う。

細部にこだわった豪華なつくりが、古きよきアメリカの夢物語を再現

No image

(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

また、ジェンキンスの伴奏を担当するピアニスト、コズメ・マクムーン役を演じるサイモン・ヘルバーグは演技だけでなく、難しく情緒的なピアノの腕前も要求された。プロ並みの演奏テクニックには驚かされ、コミカルな演技にはほっこりさせられる。

映画全体の作りも豪華だ。女性たちのファッションにも目が離せないが、とりわけジェンキンスのまとうドレスはどれも超個性的なデザインが魅力的。そして、1940年代のクラシカルできらびやかで自由なニューヨークの街は、現在のアメリカで見つけがたいことから、当時の雰囲気が残る英国の街を探し、そこで撮影したという手の込みよう。そして、当時に流行したジャズのダンスや歌唱シーンで登場する音楽が華を添える。

お気楽なお金持ちの道楽とその周辺の“太鼓持ち”のお話だったら、今の時代に彼女のCDなんて販売してもいないし、聴く人なんていない。本当のお金持ちとは、心穏やかで、周りの人々に愛され、幸せに包まれているもの。そういう古きよきアメリカの夢物語の1ページを見せつけてくれる。

【学びのポイント】カーネギー・ホール(Carnegie Hall)とは?
アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区ミッドタウンにあるコンサートホール。鉄鋼王と呼ばれた実業家であり、慈善家のアンドリュー・カーネギー(1835-1919)によって建てられる。1891年創設以来、クラシックやポピュラー音楽などのコンサートが開催される音楽の殿堂となっている。カーネギーという名のつくコンサートホールは、ニューヨークのほか、ウェストバージニア州やペンシルベニア州などにも複数存在する。

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』、監督:スティーヴン・フリアーズ『クィーン』『あなたを抱きしめる日まで』、出演:メリル・ストリープ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』、ヒュー・グラント『ラブ・アクチュアリー』、サイモン・ヘルバーグ、原題:FLORENCE FOSTER JENKINS、配給:ギャガ、12月1日(木) TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
芸能ジャーナリストによるサテライト・アワード!テレビ部門ノミネーション
「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」リブートへ
ローラがミラ・ジョボビッチに銃を向ける!「バイオ」完結編、緊迫の初登場シーン
反捕鯨『ザ・コーヴ』に問題提起!日本人監督のドキュメンタリー
新木優子、中島裕翔とのキスシーンはカレーの直後!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加