クリス・ヘムズワース、「マイティ・ソー」最新作プレミアでアベンジャーズ愛がさく裂!

クリス・ヘムズワース、「マイティ・ソー」最新作プレミアでアベンジャーズ愛がさく裂!

  • 映画.com
  • 更新日:2017/10/11
No image

主演のクリス・ヘムズワース

マーベル・スタジオの人気シリーズ第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」のワールド・プレミアが10月10日(現地時間)、米ハリウッドのエル・キャピタン・シアターで開催され、主演のクリス・ヘムズワースをはじめ、ハルク役のマーク・ラファロ、死の女神ヘラ役のケイト・ブランシェットら出演者、メガホンをとったタイカ・ワイティティ監督らがレッドカーペットに登場した。

映画は、アベンジャーズの一員として地球を守ってきたソーが、復しゅうと野望に燃えるヘラに故郷アスガルドを奪われ、かつてアベンジャーズの仲間としてともに戦ったハルク、義弟にして宿敵のロキ、ワケありの女戦士ヴァルキリーと型破りなチーム”リベンジャーズ”を結成し、故郷を守る戦いに挑む。

今回で5度目のソー役となったヘムズワースは、アベンジャーズのメンバーで戦いたくないメンバーを聞かれると、「全員と戦うよ。なんていったってソーが一番強いからね(笑)」と冗談を飛ばしつつ、「だけど誰とも戦わないかな。だってみんな大好きだから」とアベンジャーズ愛を熱弁。さらに日本のファンに「皆さんの応援あっての私です。ワイルドで想像を絶する、いままで見たことのないような作品になっているので、ぜひ見てほしいです。絶対に気にいってくれると思うよ!」とメッセージを寄せた。

ソーがたどり着く辺境の惑星スカールを支配するグランドマスターの右腕を演じたレイチェル・ハウスは、「クリスは本当に優しくて、とても仕事がしやすかったわ」と絶賛。アスガルドの戦士ながら、ヘラの手下となるスカージ役のカール・アーバンは、「この映画は本当に面白いから大好きなんだ。映画館で見たら素晴らしいから、楽しんでほしいな。ぜひ劇場に足を運んでください!」とアピールした。

マーベル映画で初めてメインの女性悪役を演じたブランシェットはゴールドのきらびやかなドレスで登場。ハルク役のラファロが劇場に入場する時には、沿道に集まった2500人のファンたちからハルクコールが。劇中でソーとハルクが激突する闘技場をイメージした全長125メートルのレッドカーペットには、キャストのジェフ・ゴールドブラムレイ・スティーブンソン、カメオ出演したマット・デイモン、「超人ハルク」の元祖ハルク役で知られるルー・フェリグノ、ヘムズワースの実兄ルーク・ヘムズワース、実弟リアム・ヘムズワース、「アントマン」のマイケル・ペーニャらも姿を見せた。

マイティ・ソー バトルロイヤル」は11月3日から全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
太賀、活動していたバンド名「ヌードトランプ、ゴールドアンダーヘアー」
光浦靖子「きれい」、蒼井優は苦笑「私はほどよい顔だと思う」
松坂桃李、主演舞台「娼年」R18指定で映画化 バースデーの発表に歓喜&興奮の声
10月17日の注目映画第1位は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
劇場公開への“ハードル”が高すぎる元SMAPメンバーの映画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加