シンガポール航空、東京/成田〜シンガポール線に787-10投入 5月18日から

シンガポール航空、東京/成田〜シンガポール線に787-10投入 5月18日から

  • Traicy
  • 更新日:2018/04/17
No image

シンガポール航空は、東京/成田〜シンガポール線にボーイング787-10型機を5月18日(東京/成田発は翌19日)から投入する。

投入するのは、東京/成田を午前11時10分に出発し、シンガポールに午後5時20分に到着するSQ637便と、シンガポールを午後11時55分に出発し、東京/成田に翌日の午前8時に到着するSQ638便。ボーイング777-300ER型機を置き換える。

シンガポール航空のボーイング787-10型機は、ビジネスクラス36席、エコノミークラス301席の計337席を配置している。5月3日からは、世界で初めての定期便として大阪/関西〜シンガポール線に1日1便を投入し、5月16日からは全便をボーイング787-10型機での運航に切り替える。

■ダイヤ

SQ637 東京/成田(11:10)〜シンガポール(17:20)

SQ638 シンガポール(23:55)〜東京/成田(08:00+1)

■関連記事シンガポール航空、ボーイング787-10型機を公開 日本線全路線に年内投入へ

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ブロックチェーン開発者の育成めざす 谷家衛氏らが新会社設立、越智副大臣もあいさつ
三井アウトレット横浜ベイサイド、閉館前最後のGWセールやってます
次期NY連銀総裁「仮想通貨は通貨でない」との見解【フィスコ・ビットコインニュース】
JAL、大河ドラマ「西郷どん」の特別塗装機を就航 きょうから
「5ナンバー」車にこだわる必要はあるのか あのクルマも「3ナンバー」化、実際どう変わる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加