リオ銅・荒井広宙 ダンフィーとの因縁マッチに腕ぶす

リオ銅・荒井広宙 ダンフィーとの因縁マッチに腕ぶす

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/12
No image

最終日の競歩に向けて意気込む左から荒井広宙、岡田久美子、松永大介=ロンドン市内

「陸上・世界選手権」(11日、ロンドン)

最終日の13日に行われる競歩の日本代表が11日、ロンドン市内で会見を行い、男子50キロ競歩のリオデジャネイロ五輪銅メダリストの荒井広宙(29)=自衛隊体育学校=、20キロ競歩リオ五輪6位の松永大介(22)=富士通=、女子20キロ代表の岡田久美子(25)=ビックカメラ=が出席した。

今世界選手権で日本代表は、まだメダルなし。新“お家芸”となりつつある競歩に懸かる期待は高い。リオ五輪銅メダリストの荒井は「計画通り練習を順調にこなせている。自分の力を出し切りたい」と意気込んだ。

リオ五輪では終盤に他国の選手と接触し、3位でのゴール後、一時失格となったが、日本陸連の抗議より銅メダルを獲得。今回もその接触の相手、ダンフィー(カナダ)がメダル争いの難敵となる。

五輪後は和解し、親交もあるが、気になる選手を問われると「ダンフィーですね」と話し、「調子がいいと聞いてる。私も好調だと思うので、いい勝負ができれば」と再びのデッドヒートを思い描いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
間取り図を一見しただけで「おかしい」とわかる物件揃いの「Y澤不動産」
「キスマイBUSAIKU」が9月に終了することになった事情
松ちゃんの苦言でフジ関係者の頭をよぎった20年前の“黒歴史”
主演作連発も『東京喰種』『ジョジョ』大コケで......“独立独歩”スターダストの正念場
上原多香子の“衝撃スキャンダル”で「想定外の収入」を得た人たちとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加