“8時間が1秒以下に” kintoneによる三浦市の農業改革第2弾

“8時間が1秒以下に” kintoneによる三浦市の農業改革第2弾

  • ASCII.jp
  • 更新日:2018/02/15

サイボウズと三浦市農業協同組合は2月14日、「三浦市農協配車システム(仮)」を2018年4月より運用開始すると発表した。三浦市における農業のIT化推進連携の第二弾。

翌日出荷予定の農産物の配送先(市場)と数量の割り当て、配車作業をkintoneで自動処理。これらの作業は従来、各農家からの出荷情報を事業所がとりまとめ、農協が手作業でおよそ50の市場への出荷物の品目・数量などの振り分けプランを作成していた。そのため1日8時間の作業時間を要していたが、kintoneによる自動処理で、同じ作業がわずか1秒以内に短縮されるという。

サイボウズと三浦市農協は、同市農家の収益安定化を目的とした農業のIT化推進で、2017年5月より連携開始。市内およそ80%の農家が採用するkintoneベースの有線放送代替システム「アグリコネクト三浦」を運用している。

No image
No image

■関連サイト

ニュースリリース

サイボウズ

kintone

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スバル車のボンネットに穴があるワケ そもそもなんのための穴なのか
ドコモのハピチャン、3月はマックのグランバーガーをプレゼント
大王製紙の没落...創業家がカジノ狂いで横領事件、抗争に明け暮れ業界再編に乗り遅れ
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
スカイマーク、経営再建後初の国際線チャーター便就航 下町ボブスレー関係者乗せ出発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加