京都、過去に在籍したチエゴの死去を報告。今季はシャペコエンセで活躍

京都、過去に在籍したチエゴの死去を報告。今季はシャペコエンセで活躍

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/12/01
No image

元京都サンガF.C.のチエゴ【写真:Getty Images】

京都サンガF.C.は30日、2010年に同クラブでプレーしたDFチエゴが死去したことを発表した。

ブラジル全国選手権1部のシャペコエンセに所属していたチエゴは、コパ・スダメリカーナ決勝第1戦に出場するためコロンビアへ向かう途中、乗っていた航空機の墜落事故に巻き込まれていた。京都は「報道を受けた際は、一縷の望みがあるかぎり無事を信じておりましたが、残念ながら逝去された知らせを受けることとなりました」と報告している。

チエゴは京都で2010年シーズンの1年間を過ごし、リーグ戦10試合に出場していた。30歳だった。京都は「ご家族、関係者、そしてシャペコエンセに関わるすべての皆さまに心からお悔やみ申し上げますとともに、お怪我をされた方の、一日も早い回復を願っております」と哀悼の意を表し、声明を結んでいる。

今回のコロンビアでの航空機墜落事故で犠牲になったJリーグに関係する選手としては、チエゴの他に元川崎フロンターレのアルトゥール・マイア、元セレッソ大阪、ジェフユナイテッド千葉のケンペス、元柏レイソルのクレーベル・サンタナ、そして2009年にヴィッセル神戸を率いたカイオ・ジュニオールの死亡がすでに各クラブによって報告されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「長かった」内田篤人が約1年9か月ぶり復帰へ、ザルツブルク戦でメンバー入り
シャペコエンセ、浦和と対戦も!助っ人にロナウジーニョら名乗り
マンUレジェンド、ギグス氏の脳裏に初めて引退をよぎらせた”ある試合”とは?
アーセナル、GL首位通過を狙い敵地バーゼル戦に臨む(12枚)
ペップ・シティ、今季終了後にチーム解体も? 7選手が今季で契約終了
  • このエントリーをはてなブックマークに追加