細田守、アヌシー映画祭で「未来のミライ」盛況に手応え「素晴らしくいい反応」

細田守、アヌシー映画祭で「未来のミライ」盛況に手応え「素晴らしくいい反応」

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2018/06/14

フランス現地時間6月11日、アヌシー国際アニメーション映画祭が開幕。翌12日に「未来のミライ」が上映され、監督の細田守が舞台挨拶に登壇した。

No image

アヌシー国際アニメーション映画祭の舞台挨拶に登壇した細田守。

すべての画像を見る(全14件)

No image

同映画祭の長編コンペティション部門に出品されている「未来のミライ」は、4歳の男児くんちゃんと未来からやってきた妹ミライちゃんという不思議な“きょうだい”の物語を描く長編アニメーション。映画祭初日に現地入りした細田は、会場に着くと大勢の熱心なファンに囲まれ熱い歓迎を受けた。

No image

「未来のミライ」の公式上映は期間中6回実施されるが、すべてのチケットが早々にソールドアウト。12日に映画祭のメイン会場ボリュー・グラン・サルで行われた上映では、950名の観客が会場を埋め尽くした。上映に先立ち、細田は「『未来のミライ』は兄妹の話ですが、世界の映画の中でも4歳の男の子が主人公という作品はそうないでしょう。子供だけでなく、かつて4歳の子供だった人にも昔を思い出しながら観ていただけたら、きっと楽しめるのではないでしょうか」と作品を紹介。上映が始まると山下達郎のオープニングテーマに合わせて手拍子が起こるなど、映画と観客が一体化して盛り上がった。

No image

細田は「11年前に『時をかける少女』が初めてコンペティションで上映されて、そのあとの『サマーウォーズ』以来のアヌシーでした」と再び戻って来られたことへの喜びをにじませ、「(ボリュー・グラン・サルは)改めて大きな会場だなと思いました。そこにたくさんのお客さんがいらして、上映後にはとても大きな歓声と拍手をいただけました。上映中の反応もすごくよく、笑いもたくさん起きて。素晴らしくいい反応で、本当にうれしかったですね」と手応えを感じた様子で感想を述べた。なおアヌシー国際アニメーション映画祭の授賞式は現地時間6月16日に行われる。

「未来のミライ」は7月20日より全国ロードショー。

(c)2018スタジオ地図

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西野カナ、美女とオタクのラブコメディ映画『3D彼女 リアルガール』主題歌担当
トム・クルーズが超高速落下!『ミッション:インポッシブル』最新予告が到着
中田翔、柳田悠岐らが一言声優に挑戦! 『インクレディブル・ファミリー』パ・リーグコラボイラスト
6月20日の注目映画第1位は『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
ガラス製の彫刻を壊した5歳児の親、1400万円請求される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加