コンビニまでのチョイ乗りに便利。折り畳み電動バイク「Cute-mL」

コンビニまでのチョイ乗りに便利。折り畳み電動バイク「Cute-mL」

  • roomie
  • 更新日:2017/12/07
No image

クラシカルなフェイスと未来的なフォルム。見た目もユニークな電動バイク「Cute-mL」は、超小型ながら安心な設計だ。ここ数年、日本の車両法をクリアしていない海外製の折り畳み電動バイクを市場で多く見かけるようになったのをご存知だろうか。実はこうした車体でも、届けさえ出せばナンバープレートを取得できてしまうのが現状。そして、ドライバーの中には、自分のバイクが車両法に違反していることを知らないまま乗り続けているというケースも実際に起こっている。15年以上の電動バイク製造販売実績を持つアクセス社の「国内を安心して乗れる折り畳み電動バイクを広めたい」との思いから生まれたこのバイクは、ウィンカー間の幅や発光部の面積、ブレーキランプ、ナンバープレートの設置方法などの目に見える部分だけでなく、構造についても日本独自の基準が細かく定められた「道路運送車両法」に、完全準拠するよう設計変更と車両改造が行われていてる。重さは22kg、折り畳めば(632×308×1160)コンパクトなので、駐輪スペースが無い自宅でも、玄関などのちょっとしたスペースに収納したり、車で持ち運ぶことが可能だ。通勤・通学やちょっとしたお買い物などの“チョイ乗り”はもちろん、車のトランクに乗せて、キャンプなどのアウトドアや旅行先でも活躍する。充電は家庭用コンセントででき、USB電源ポート装備でスマホの充電もできる。低価格な8万5000円〜はクラウドファインディング中の今だけ。公道は安心して走りたいものだ。Cute-mL [ValuePress!

No image
No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
酒屋配達員が見た! つぶれる飲食店の意外な特徴
エア・ドゥ、東京/羽田〜帯広線の搭乗で航空券などが当たるキャンペーン
ユニクロが未払い賃金を負担するのは世界の常識だ――インドネシアの下請け工場倒産
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
ソフトバンクを蝕む危機...有利子負債が15兆円に、削減計画が破綻
  • このエントリーをはてなブックマークに追加