「長瀞早春おさんぽきっぷ」発売 西武鉄道と秩父鉄道の指定区間が1日乗り放題

「長瀞早春おさんぽきっぷ」発売 西武鉄道と秩父鉄道の指定区間が1日乗り放題

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2018/01/13

池袋駅から大人2000円、子ども1020円

西武鉄道と秩父鉄道が2018年1月13日(土)から3月21日(水・祝)まで、西武秩父線の芦ヶ久保~西武秩父間と秩父鉄道の御花畑~長瀞間が自由に乗り降りできる「長瀞早春おさんぽきっぷ」を発売します。詳細は次のとおりです。

No image

約15000平方メートルの敷地に3000本のロウバイが咲く観光名所の長瀞宝登山ロウバイ園のイメージ(画像:西武鉄道)。

・秩父、長瀞エリアの散策向けきっぷ。

・発行駅~フリー区間の1往復と、フリー区間内が利用可。

・当日発売のみ。発売当日限り有効。

・発売金額は一例として、池袋駅から大人2000円、子ども1020円。練馬駅から大人1860円、子ども940円。所沢駅から大人1600円、子ども820円。飯能駅から大人1400円、子ども720円。

・発売は小竹向原、芦ヶ久保、横瀬、西武秩父、多摩川各駅を除く西武線各駅。

西武鉄道と秩父鉄道は「長瀞宝登山ロウバイ園でのロウバイ観賞、長瀞散策、あしがくぼの氷柱のライトアップなど、早春のお出かけにおすすめです」としています。

【写真】ライトアップされる「あしがくぼの氷柱」

No image

毎週金土、日、祝日にライトアップされる「あしがくぼの氷柱」のイメージ(画像:西武鉄道)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
医者もやってるインフル対策が水を飲むだけで「簡単すぎ」と話題
「外で出会うクソババアビンゴ」に世のママたちが大共感! 母乳か聞いてくる、赤ちゃんに勝手に触ってくるなど「あるある」すぎて首がもげそう!!
「隠れインフルエンザ」が怖い 風邪と区別がつきにくいB型が猛威をふるっている
マユツバのヤンキー武勇伝に猛批判!益若つばさの地元話に視聴者がドン引き
約束の時間を守る人と守らない人 対照的なケースをすっきりと比べた漫画が話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加